篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2010年02月

「雪んこ人参」収穫体験 【冬の青森・津軽地方まるかじり視察5】

『雪山ガール』完全ガイド【冬の青森・津軽地方まるかじり視察1】
秘伝の「箱入もやし」?!大鰐温泉もやし 【冬の青森・津軽地方まるかじり視察2】
りんご偏差値 【冬の青森・津軽地方まるかじり視察3】
完熟越冬野菜と津軽雪見御膳 【冬の青森・津軽地方まるかじり視察4】

雪んこ人参収穫圃場
「津軽雪見御膳」をいただいた翌朝、
「雪んこ人参」の収穫体験をさせていただきました。
「雪んこ人参」は、黄金崎農場ブランドの「雪中人参」のこと)


詳細については青森県のHP「青森のうまいものたち」に寄稿させていただきましたので
4月1日以降に ご覧いただければと思います。(改めて お知らせいたします。)

雪んこ人参の収穫体験は
青森でしか味わえない、しかも この時期にしか味わえない極上の感動体験
でした

「KIHACHI」の熊谷喜八シェフも 雪中人参をはじめとする青森食材に魅せられたひとりで
「旬レシピ」という レシピ本まで出版されています

「雪んこ人参」収穫体験体験したら 虜にならずには いられない食材なのです。

今回は アドバイザーとして伺ったので、
体験しての感想、改善案などフィードバックさせていただきました。

ということは
近い将来、この収穫体験は 一般の方向けに実現するということです

こちらも 情報が入り次第 お知らせしたいと思います。
(今シーズンは4月上旬くらいまでなので 来シーズンになるかなぁ・・・)


そうそう 最後に うれしいお知らせ

数に限りがあり、まだ首都圏ではめったにお目にかかれない、プレミアな存在「雪んこ人参」。
黄金崎農場のHPで、期間限定で 個人向け販売が始まりました

七戸さん&佐藤さん@黄金崎農場生で フルーツのような香りと すっきりした甘さを味わうもよし、
火を通して ふんわり芳醇な甘さを堪能するもよし、
(じっくり加熱すると 栗のような甘さです。)
ぜひ 4月までの期間限定の味にふれてみてください


写真は お世話になった 
黄金崎農場・深浦圃場の七戸さん(右)と佐藤さん

ありがとうございました


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

やまのいも御菓子いろいろ

やまのいもを使った むっちりな御菓子と言えば 鹿児島の「かるかん」
鹿児島の方から 送っていただくほど 大好きです

そんな私に、たまらないプレゼントを徳島の方が くださいました

冨士屋の「小男鹿(さをしか)」
徳島で育まれた山の芋、阿波和三盆、小豆と粳米を練りあげた棹物蒸菓子です。

小男鹿小豆の色で ほんのりピンク。
勝手に 春らしさを感じて ウキウキしています

見た目も 口に入れた瞬間も ふわふわだけど
かみしめると なめらかな触感に・・・ 止まらない

そうそう、青森に伺った日の夜、連れて行っていただいた「すずめのお宿」でいただいた
やまのいもプリンも忘れられません。

やまのいもプリンすりおろした やまのいもの風味がほんのり・・・
ヘルシーなのに しっかり満足感のあるクリーミーなプリンでした。

満月みたい・・・
産地の料亭ならではの 極上デザートだなぁと想いました

お野菜が主原料だと 御菓子をいただく言い訳になって うれしい野菜ジャーナリストでした(笑)


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

完熟越冬野菜と津軽雪見御膳 【冬の青森・津軽地方まるかじり視察4】

『雪山ガール』完全ガイド【冬の青森・津軽地方まるかじり視察1】
秘伝の「箱入もやし」?!大鰐温泉もやし 【冬の青森・津軽地方まるかじり視察2】
りんご偏差値 【冬の青森・津軽地方まるかじり視察3】

シリーズ第4弾にして 本題です。

私をアドバイザーとして青森県津軽地方に招いてくださったのは
日本有数の大規模農場「黄金崎農場」
同じ津軽地方でも 白神山地の麓、岩木山の麓という
気候の異なる圃場を生かした栽培・出荷
をされています。

今回は「越冬完熟野菜&果実を使った津軽伝統料理を食す会」にて、
「津軽雪見御膳」の試食およびアドバイス、ミニ講演をさせていただくために伺いました。

ところで 「越冬野菜」を御存知ですか?

冬は 大地が雪に閉ざされる津軽地方。
先人たちは、冬の野菜不足を補うために、雪の寒で野菜を蓄えてきました。
野菜たちは、からだが凍らないように、水分を糖分に変え、結果、甘味がさらに凝縮させます。
その知恵をよみがえらせたのが黄金崎農場の「越冬野菜」
です

イベントでは、黄金崎農場さんの越冬野菜、
連携している津軽最強の農畜産者集団の想いがつまった食材たちを 
伝統料理を今に伝える「つがるあかつきの会」が調理。

食事会「津軽雪見御膳」がうまれました

その御膳を 私たち県外の人間、県の方、
料理のプロなどが 生産者さんと一緒に囲みました。

何より贅沢だったのは 
いただく前に それぞれの生産者さんが食材への想いをプレゼンしてくださったこと

親である生産者さんが、子供たちの晴れ舞台で、こだわりや想いを伝える姿は とても誇らしげでした。

津軽雪見御膳黄金崎農場さんが ひとつひとつの料理を丁寧に紹介した 
お品書きも あわせ読むと 
食材の物語が立体的に伝わってきます。

せっかくなので いただいたお料理を短く御紹介しますと・・・


稔のご飯
 ケイホットライスが丹精込めて作った無農薬の「津軽ロマン」。
 かむほどに甘みがでるお米。いつまでもかみしめていたい味でした。
秘伝の汁物
 シリーズ第2段でお伝えした「大鰐温泉もやし」のお味噌汁。
 土の香りとシャキシャキ感が際立っていました。
お陰様の煮物
 長谷川牧場の豚肉と じゃがいも「デストロイヤー」、「雪んこ人参」の煮物。
コロンと青森結集力!三色かき揚げ 
 佐藤農園のかぼちゃ、黄金崎農場の毛豆&雪んこ人参の やさしさがつまったかき揚げ。
力こぶの天ぷら
 ならおかファームのにんにく「福地ホワイト六片」の一片まるごとの贅沢な天ぷら。
コトコト愛情注入 豚の角煮
 あかつきの会のお母さんたちが二日かけて煮込んでくださったそうです。
巷で有名、本当の津軽茶碗蒸し
 県民ショーで取り上げられ有名になったという津軽の「甘い茶碗蒸し」。今日のは甘さ控えめ?!
えっ?和え物コラボ
 黄金崎農場のキャベツ、もやし、人参と、
 農場の佐々木さんの娘さんが働く「森の中の果樹園」の国産くるみを使った和え物。
甘めりんごとすっけりんご煮の食べ比べ
 これも りんご王国・青森ならでは。
 片山りんごの紅玉(酸味がある)と、サンフジ(密たっぷり甘みが強い)をりんご煮で食べ比べ。
まごころサラダ
 雪んこ白菜と人参を津軽のにんにく味噌で。彩るのは、まごころ農場のプチトマト。 
アバとオドの漬物
 アバ(おばあちゃん)が抜いた大根を、オド(おじいちゃん)のスチューベン(ぶどう)で漬けた漬物。
津軽伝承のスイーツ
 貴重なスイーツだった干し柿を 大切に しその葉で巻いたもの。
姫りんごの箸置き
 きゅうさんの畑の姫りんごが 大きな存在感を放っていました。


地域の食遺産を伝えようとする試みに 胸がいっぱいになりました。
つたないアドバイスだったかとは思いますが、津軽の未来につながれば 幸いです。


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

「ポタジエ」柿沢安耶×吉田俊道 【大人のための食育講演】

「大人のための食育講座」野菜スイーツで有名な「パティスリーポタジエ」主催
「大人のための食育講演」に参加してきました

生ごみリサイクルで(微生物を生かし)元気野菜作りをしている
「大地といのちの会」
代表の吉田俊道さん
続いて、ポタジエのパティシエ柿沢安耶さんの講演、
最後にクロストークという盛りだくさんの2時間半

「大地の元気、野菜の元気、人の元気 〜いのち輝く元気野菜のひみつ」と
題した吉田さんのお話から。

まず 吉田さんの語り口に びっくり
講演会というより 漫談に近い雰囲気で マイクを握った瞬間に 会場の空気がが ぽかぽか
私も 場の空気作りはプロだと自負していますが、オリンピック級の方に出逢った気分です(笑)

でも 内容は 地球の根源にふれる 深く大きな お話。
敢えて「笑い」で包み込んで わかりやすくお話されているように感じました 

お話の主役だった「微生物」を 吉田さんは「食の循環を司るポンプ役」だといいます

さらに、「弱ったものを食べるもの(=微生物)がいるから 地球は回っているんだ」と。
ジブリ映画の「ナウシカ」や「もののけ姫」を引用してのお話も非常に分かりやすかったです。
「微生物とは 『もののけ姫』で言う 『しし神様』のこと」
死から生をうみだし、あらゆる生きものの生死を司る神・・・ なるほどです。

もうひとつ 印象的だったのは
「農家さんが作ってくれる野菜は、自分の顔になり、体になり、自分の夢になる。
感謝の気持ちは奇跡を起こす
というメッセージ。

今の私があることを納得させてくれます。
野菜の生命に感謝して いとおしく想ったことから 暮らしが変わり、
「野菜ジャーナリスト」という 世界でひとつの生き方に出逢った
のですから

柿沢安耶さんのお話は、
「野菜は 人と同じで 見た目だけでは判断できない。中身を見てほしい」ということで、
人参の食べ比べからスタート

吉田さんがおっしゃっていた
「一口目は 甘くても えぐみが出てくる野菜がある、
うまい野菜は 何口食べても えぐみが出ない」
ことを
それぞれが 体感します。

柿沢さんからのメッセージで ステキだと感じたのは
「マイファーマーを持とう!本当に顔の見える野菜が買えるから」
「レジャーのひとつとして 畑に遊びに行って!」


なかなか 一歩を踏み出すのが難しいかもしれませんが、
私も そのためのきっかけづくりをしていると言っても過言ではありません

さまざまな農法やスタンスがありますが、つまるところ、作ってくださる人を信頼できるか?!
それに尽きると想うから
です

想いを共にできる方に お目にかかれたと感じ、 とても しあわせな時間でした
ありがとうございました。


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

講座開設のお知らせ@NHK学園・新宿

今年も 新しい挑戦が続きます

4月から 学校法人「NHK学園」の新宿オープンスクールにて
レギュラー講座をもたせていただくことになりました。

「野菜ソムリエと五感で楽しむ野菜ライフ」
4月より 第4金曜日15:30〜17:30

*調理実習はありません
詳しくはこちら →http://www.n-gaku.jp/life/open/open_shinjuku.htm

昨日の三大紙折り込み広告に入っていたそうですが、
注目の新設講座としてチラシでも大々的に取り上げていただいております

場所は 高層ビル群の中、パークハイアット(ホテル)のビル内、光り降り注ぐ さわやかな教室です

私らしく、日頃 ご縁のある農家さんの想いもお伝えしながら、
一緒に 楽しめる講座にしたいと思っております


このたび 大変光栄な機会をくださいました関係者のみなさまに心から感謝申し上げます


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村
●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ