篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2010年12月

野菜ジャーナリストの2010年

今年も もうすぐ終わろうとしています。
1年間 ブログを読んでくださった皆さま 心から感謝しております。
ありがとうございました。


昨年以上に 全国各地の生産者さんに出逢えた1年でした
日々、野菜果物たちと向かい合っている方々の言葉は重く、師のように想っています。

1月、青森県津軽地方でのプチ講演・視察に始まり、
徳島県の農産物を応援させていただいたり、(来年も務めさせていただきます。)
大学の学術講演はじめ様々な講演、アドバイザーなど 
身に余るチャンスも たくさんいただきました。

野菜ジャーナリスト原点の地である長野県諏訪地方でも講演会の機会をいただきました。
(夏→http://yasai-journal.com/archives/51580421.html
 秋→http://yasai-journal.com/archives/51620672.html)
自分を育んでくれた地の魅力を野菜果物を通して伝えることができ、本当にしあわせでした。

とぎれとぎれではありますが、連載【長寿一家の野菜ごはん】も始めました。

農経新聞社のお仕事では、
全国の産地市場を視察したり、展示会に出させていただいたり、ライターをさせていただいたり・・・
かけがえのない経験を重ねさせていただきました。

ふだん取材をする身の私を取材をしていただく機会も何度かあり、
客観的に自分を見つめながら 一歩一歩進む1年でもありました。

来年は このサイトを進化させ、
これまでのご縁を大切にしながら、つなげ育てていく1年にしたい
と思っています

本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。



いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

れんこん産地のお野菜コミュニケーション

芽バスの山連日の忘年会ラッシュを終え、
今日から茨城に帰省しています

先ほど 地元の方が
「好きなだけとってー」と 持ってきてくださったのが これ、
芽バスの山

芽バスは、れんこんの一番上の部分で
やわらかくて 美味しい
のです

たぶん、割れてしまった部分の詰め合わせだと思うのですが、
産地ならではの贅沢な わけあり品です



いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

佐倉の大和芋

先日、千葉県ぴんころ農園の碓井さんから地元名産の大和芋をいただきました

佐倉の大和芋唯一 生で食べられるお芋・山芋の一種で、
見た目が いちょうの葉に似ていることから
「いちょういも」という呼び方が一般的です。

うれしい特徴は、肌のなめらかさ皮の薄さ
スプーンでこすれば 皮が簡単にむけます。

そして、もうひとつの特徴は すりおろした時の適度な粘り
長いもより ねっとり、自然薯ほど強くない ちょうど中間くらい。
といっても かなりの粘りで お皿をひっくり返しても落ちないくらい ねっーとり。

そして 味わいが深いー山芋の風味がしっかり感じられます。

少し貯蔵されたもののためか、すりおろしても変色なく、美しい白さが続くのも嬉しいです。

まずは生で すりおろして御飯にかけて、ネバネバ
拍子切りして卵を和えていただいて、サクサク
もちろんお好み焼きやお焼きにして フワフワを・・・

変化する食感が楽しめます。
欲張りな私、レンコンもそうですけれど、
食感が変化して ひとつで何度も美味しい野菜が大好きです

そうそう、ねばねば成分ムチンは 胃の粘膜を保護してくれるので
お酒の前や 食事の最初に食べたい
ですね

そうやって言い訳して 忘年会ラストスパートな今日この頃です(笑)


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

速報!野菜ソムリエサミット結果発表!!!

ひとつ前の記事に書かせていただきました「野菜ソムリエサミット【ニンジン】」

ついに審査結果が発表されました

総合評価ではなく、生での食味評価、蒸しでの食味評価、購入評価
それぞれで順位が発表
されています。

この中から またヒット商品が生まれると思うとワクワクしますねぇ。

結果は こちらのULRで
http://vf.way-nifty.com/summit/2010/12/5-1d73.html


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

野菜ソムリエサミット【ニンジン】審査会

野菜ソムリエサミット「ニンジン」第5回野菜ソムリエサミットで審査員をさせていただきました

野菜ソムリエサミットは 
野菜ソムリエが生活者の視点から農産物の評価を行い、
生活者と生産者をつなぐ品評会


今回のテーマ野菜は「ニンジン」で、
個性豊かな24種のニンジンが大集合

興味深かったのが 評価方法。
評価方法が大きくふたつに分かれていて、食味評価を行ってから 
購入評価(外観、価格、ストーリー性)をしました。

まず食味評価では 名前はもちろん、パッケージや産地、生産方法など
一切の情報を伏せられた状態で 「生食」と「蒸し」の食味を評価しました。
評価基準は 色、食感・肉質、甘み、香り、うまみ で それぞれ5段階。

ニンジン審査中24種かける2なので、かなりのボリューム。
いやー これは かなり体力と集中力を要する審査でした。


ですが日ごろ、無意識に 産地やパッケージなどのイメージも選ぶ基準に加えているもの。
情報なきまま、純粋に食味だけで評価させていただいたことは 大変貴重な経験となりました

ちなみに食味評価をした中で いちばん印象に残り、点数も高かったのは
長崎県大村市、農業法人組合「長崎県黒田五寸人参原種育成会」が出品された
「黒田五寸人参(純粋本場産)」でした

まず生で口に入れた瞬間、ニンジンの薫りを感じ、その後、甘さが口じゅうに広がりました。
凝縮されていた「うまみ」があふれ出る感じ。
蒸すと、さらに濃いオレンジが際立ち、カロテンがぎっしりな雰囲気が好みでした

購入評価をするにあたり、「生産情報シート」をいただいて、
日本の西洋ニンジンのルーツと言える「黒田五寸」の原種「黒田五寸人参」だと知り、びっくり
以前、野口種苗の野口さんのお話に聞いて 大変印象に残っていたのでした。

大塚にんじんほかにも印象に残ったのは 
「国分長ニンジン」(群馬)や「大塚にんじん」(山梨)の
加熱したときの味
(写真は 大塚にんじん)

私は どうやら 地域に根付いてきた味が好きなようです


審査結果は まもなく発表される予定
ブームの火付け役ともなっているイベントだけに 楽しみです。



いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ