篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2011年01月

アブラナ科を極める

「アブラナ科を極める」ワークショップ「アブラナ科を極める〜愛知の冬のめぐみを知って味わう〜」
というワークショップで 冬の愛知野菜の中でも 
アブラナ科のキャベツ、ブロッコリー
を中心に
美味しいインプットをしてきました

キャベツだけで10種が集合

キャベツは「キャベツ」として売られているので
なかなか知る機会がありませんが、
こうして並べてみると、色、巻き具合、固さ・・・
ひとつひとつ個性があります

愛知県は 野菜と花の生産が盛んな園芸王国。
中でも キャベツは日本一の生産量を誇るのだそうです

野菜ソムリエならではの切り口、キャベツの食べ比べは、なんと6種類も

キャベツ食べ比べ冬系→ふゆき・輝風・秋よし2号 春系→福春・さちぞら・さちはる 
それぞれを生と蒸で、プラスおまけの2品種(春岬、ハニーキャベツ)
というラインナップでした。

内側と外側の味の違いも感じるために、ひとつひとつが 
この大きさで14個いただいたので、キャベツだけで満腹でした(汗)

冬の寒さで甘みが増していたのですが、その甘さにも 白砂糖のようなストレートな甘さもあれば、
和三盆のような柔らかな甘さ、トウモロコシのような甘さ、マメのような深みの甘さなど様々。

一番の発見は 私の好みは 「春系は蒸し、冬系は生」だったこと。
一般に 冬キャベツは しっかりしているから、煮込みや蒸し料理に向き、
春キャベツは みずみずしく柔らかいので、生がオススメと言われていますが、
その逆が好みだったのです。
そのままでも甘さ際立つ冬キャベツは そのままで味わいたい、
さわやかな春キャベツは 熱を加えて 甘さを凝縮したい、そう思いました。

イメージにとらわれずさまざまな調理法でいただくことで素材の魅力を再発見できるのですね

愛知県は いま 鳥インフルエンザで、緊張が続く日々かと思います。
風評にまどわされることなく、愛知県の恵みを美味しくいただくことで
応援させていただきたいと思います。



いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

食を愛でる

食関係のお仕事でお世話になった方々と 赤坂「金龍」に行って参りました。

少し道に迷ってたどり着いた時、ふと時が止まったように感じるほど落ち着きある佇まいでした。
「金龍」は もともと戦前から続く料亭で、100%木造の数寄屋なのだそうです。

言うまでもなく 素晴らしかったお料理。
どんなに おしゃべりに夢中でも 新しい膳が運ばれてくる度 
「春だねぇ」 「美しい」 「味わい深い」・・・みなが感嘆の声をあげていました。
まさに食を愛でる時間

     先付・寄せ盛       お椀(白魚錦巻き・鉄扇海老)     造り(鮪・鯛・烏賊)
先付・寄せ盛白魚錦巻き・鉄扇海老造り






大田市場の方から11月半ばに 入荷便りをいただいていた時は、にわかに信じられなかった、
たらの芽やフキノトウたちにも 逢えました
きっと このような特別な場で 春を届けるためだったのでしょう。

  中皿(くす玉真丈・たらの芽)  焼物(金目鯛粟麩相生焼)   煮物(升大根スープ煮)くす玉真丈・たらの芽金目鯛粟麩相生焼升大根スープ煮






くわい御飯・赤出汁・香の物食事(くわい御飯 赤出汁 香の物)

いつも 御猪口が見え隠れしているのは ご愛嬌(笑) やはり 日本食には 日本酒が合います。
半数が女性の席でしたが、何種類いただいたでしょうか?
利き酒状態でした(笑)

なかなか会席をゆっくりいただく機会はないので、
改めて 食材の色 香り 食感・・・特徴を生かし 
絶妙に組み合わせた料理なのだなぁと思いながらいただきました


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

果物の生甘酒スイーツ〜発酵ガール道1〜

豆種菌今年に入ってから 発酵食堂「豆種菌」
発酵について学ばせていただいています

食に係るようになって、現在95歳で元気な
祖母の食事に発酵食品が多い
ことに気付いたり、
こだわりのお酢屋さんなど発酵に係る方々との出逢いだったり、
発酵と人生を重ねた本との出逢いだったり、味噌作りをしたり・・・

発酵には ご縁があったのですが、学ばせていただくようになって、
ますます魅せられてしまいました

果物サワー
「豆種菌」がいいのは料理のプロから発酵の実践を学べるところ。
調理アプローチが多彩なので 楽しくて美味しい
(一般の方向けには 現在、
 味噌づくりや醤油づくり教室などが定期開催されています)

数か月後には 私、発酵と野菜果物をテーマに講座をしていそうなハマリようです(笑)

さてさて、先日のテーマは 「野菜の発酵」でした
発酵の基本を理解したうえで、野菜の特徴にあわせた漬床を組み合わせていきます

「野菜の発酵」教室中
昆布酵母+醤油しぼりカスで「煮びたし」
生甘酒で「べったら漬け」「しょうが漬け」
玄米味噌と生甘酒で 豆腐とこんにゃくを漬け
醤(ひしお)で 甘い「雪の下にんじん漬け」を・・・

りんご×生甘酒中でも 気に行ったのは 
果物を生甘酒に漬けてつくる「甘酒スイーツ」
なんてったって生甘酒に果物を漬けるだけ。

りんごは 冷蔵庫で冷やして、和え物風にしていただきました。
見た目は 和風だけれど、味はしっかりスイーツです。

そして、発酵先生からオススメいただいて作ったのは、
キウイや桃、ぶどうなど水分の出やすい柔らかい果物を漬け、凍らせたシャーベット

甘酒シャーベット甘酒スイーツは 漬床ごといただくので、床に
果物のエキスがしみだせばしみ出すほど美味しくなる
のです

サングリアに似た発想かも。

麹が醸す甘さだけで まったく砂糖を使っていないのに、
果物が甘酸っぱく感じるくらいの甘さ。


これは町おこしできそうなほどのパワーを秘めたアイデアだと思います

あっ、大ブーム中の「甘酒」について来月詳しく学んでから書きますね。
今年は 「発酵ガール」を流行らせたいと思います(笑)


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


【リンク修正】新聞でご紹介いただきました

ここ数日 ブログ更新できない中、ご訪問ありがとうございます

明後日まで原稿の締め切りが続いているので、それを乗り切ったら一気にアップするつもりでいます

さてさて、そんな中ではありますが、先日のイベントについて
徳島新聞が私の名前までご紹介くださっていましたありがとうございます。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2011/01/2011_129574541711.html

各品目の詳しいプレゼン内容は 
農経新聞の次号に
書かせていただきましたのでチェックしてくださいね

リンクできないとのご報告をいたしましたので、
リンクアドレス修正いたしました


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

無事終了!「とくしまブランドSHOW in TOKYO」 

とくしまブランド
無事、「とくしまブランドSHOW in TOKYO」が
大盛況のうちに終了
しました

このイベントは 徳島県農林水産物の販路拡大を目的とし、
流通業者やレストランの方々を対象に
昨年から開催されているもの

私は ご縁から昨年の初回から 登壇させていただいています。


今年は 県知事から認定いただきました「なっ!とくしまソムリエ」として、
産地にお招きいただき、その取材をもとに産地レポートをさせていただきました

現地で感じた感動を 今の自分の全力で 心を込めてお伝えしました。

大役を任せてくださいました徳島県知事はじめ、みなさま、
そして、熱心にメモをとりながら耳を傾けてくださった招待客のみなさま
心から感謝しております。

イベントの詳細は 改めて書かせていただきます。
まずは 新聞のための記事を書かないとっ(汗)

今日のイベントのために ずっと温存してきました産地レポートも晴れて解禁!
イベントでお伝えしきれなかった分も たっぷりお伝えしたいと思っております。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ