篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2011年01月

野菜鮨

こだわりの野菜鮨も食べられる 「鮨 波づき」に 念願かなって行ってきました

波づきまず、木箱から 本日のネタが登場

よく見るガラスケースは 
管理はしやすいけれどネタが冷えすぎてしまうのだそう。
だから、こちらのこだわりは 木箱。

アジ、タイ、白子、イクラ、ウニ、焼き物・・・たっぷり おつまみをいただいたところで、いよいよ握りへ。

ゴマ豆腐@波づき合間にだしていただいた ゴマ豆腐も記憶に残る美味しさでした

なんでも、練りゴマと乳製品で仕立てているそうで、
豆腐というよりパンナコッタのような舌ざわり
これは すり鉢ごと いただきたくなるほど

握りはまた「新たな気持ちで」と さっと醤油を取り替えてくださった ご主人の気持ちにも感動でした。

結局 鮮魚があまりにも美味しくて 
野菜鮨は 2貫しかいただかなかったのですが、その貴重な2貫をご紹介しましょう。

菜の花にぎり菜の花にぎり。

徳島県の菜の花は だし汁で下ごしらえをして、
海苔で巻き、さらに海苔の佃煮を添えて。ほろ苦さと濃厚な旨みが すてきなハーモニー♪

椎茸の西京漬けにぎり
椎茸は 西京漬け
にして。

じゅわっとしみ出す 旨みは
鮮魚に負けない存在感を放っていました。

心地よいこだわりが尽くされた空間で 鮨をいただく贅沢
春になったら、今後こそは 鮮魚の誘惑にまけず(笑)野菜鮨メインで必ず再訪したいと思います。

「気に行ってくださった方からの口コミだけで愛される店にしたい」というご主人の想いが強く、
お店の住所は非公開

来月の移転に向け、現在は閉店中なのですが、
「場所や連絡先はブログに書かないでくださいね」と念を押されましたのでここには書けません。
行ってみたい方は ご連絡ください、是非ご一緒しましょう。

(追記)お問い合わせいただきました読者の方へ
   ご主人の想いを私なりに解釈し、お店の情報をブログをきっかけにお伝えすることを遠慮しております。
   リアルでお知り合いで、お店にご一緒する形をもって紹介できる方に限らせていただきます。
   記事の表現が紛らわしい表現で大変申し訳ありませんでした。
   今後とも よろしくお願いいたします。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

【お知らせ】「野菜で旅する美味日本 〜青森県 雪の下ニンジン〜」2月21日

いよいよ 1ヶ月ちょっとに迫って参りましたので改めて お知らせです

来月21日 10時半〜12時半まで国立のNHK学園本校で 特別講座をさせていただきます

野菜ジャーナリストとして全国各地を回らせていただく中で
野菜果物の土地ごとの旬を、土地ならではの味わいを 感じました

お酒もそうですが、その土地の空気だからこそ感じられる美味しさがあると思います

それを東京にいながら体感していただける講座を企画いたしました

講座をきっかけに その土地を訪ねていただけたら さらに 幸せだなぁという想いを込めて

2月の舞台は 新幹線開通に沸く青森県津軽地方
美味しい旅気分を一緒に味わいましょう

満席になり次第締め切りとなりますので お早めのお申し込みをお願いいたします



【講座詳細】

「野菜で旅する美味日本 〜青森県 雪の下ニンジン〜」
 2月21日(月) 10:30〜12:30


申し込みは NHK学園国立本校まで 042−572−3151
内容詳細は こちらでご確認いただけます

いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

人の心をひらく技術

10数年ぶりにアナウンサーの先輩と再会できたり、
お仕事ご一緒させていただいた野菜ソムリエさんから
「生産者さんから どうやったら話が聞けるんですか?」と質問をいただいたり、
今年に入って「伝える」ということについて 改めて考える機会が続いています

質問いただいた際、私は「心をひらくのが私の仕事ですから」と偉そうに答えた記憶があります

そんな中 何気なく図書館で予約していた本が私の手元に・・・これがまた 運命の出逢いでした

人の心をひらく技術イチロー、中田英寿、中村勘三郎などをインタビューしてきた
ノンフィクション作家の小松成美さんの著書「人の心をひらく技術」です

人が心を開くのは、特別なテクニックによってではありません。
尊敬や敬意を表すマナー、情熱や憧憬や好奇心といった心の熱が
伝わったときにそれを感じた人の心は、震え、開いていくのです

そう まえがきをした上で 小松さんの仕事を通して「人の心をひらく術(すべ)」を伝えてくれる1冊。

術から多くを学ばせていただいたのはもちろんですが、
私が何より感動したのは、小松さんがつづる取材相手のことばでした
それを読むだけで 涙があふれてくるのです。
きっと ことばに相手に対する小松さんの敬意と感謝の意が 
ぎっしり込められている
からなのだと思いました。

小松さんの 仕事へのあふれる想いにも強く共感しました

「人とつながっていたい。人の話に耳を澄ませ、その感激を誰かに伝えたい。
それが 不器用な自分が この仕事をずっと続けていこうと思った最大の、
そしてたった一つの理由なのです」

話を聞くことは なにも インタビューだけではありません、
日々の暮らしの中で だれもがしていること。

人の話を伺うとき 伝えるとき 
一言ひとこと、一瞬一瞬を もっともっと大切にしよう
と思いました
そして 「篠原に取材してもらってよかった 取材してほしい」
そう言ってもらえるような仕事につなげられたら しあわせです

読んだ私の心もすっかり開かれ 自身の信念を 改めて想うことができた一冊でした。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

東京マラソン専用バナナ

1ヶ月ちょっとに迫った東京マラソンに向け、
ますますトレーニングに励むランナーをみかけるようになりました。

私は、今年の抱負のひとつに「走る野菜ジャーナリスト」を掲げていますが
(詳しくは リズム―ンでのインタビュー記事をご覧ください)
まだ一度も走っていない始末・・・あっ、歩いてはいます(笑)

東京マラソンでは ランナーにバナナが無償提供されていますが、
今年は なんと「東京マラソン2011専用バナナ」

フィリピンのミンダナオ島で1年かけて育成、
国内に輸入した後の追熟過程では ランナーが好きな曲を聞かせる「聴育」をするのだそう(笑)

ちなみに品種は 私たちが普段、食べ慣れている「ジャイアントキャベンディッシュ」ではなく
「ラカタン種」のバナナ
キャベンディッシュよりもクエン酸値が高く、ほのかな酸味があるのが特徴で、
見た目は ちょっぴり短く太め。(一応 バナナ講座の講師をしているので、れそれっぽく)

生産地のフィリピンでは、ラカタン種のほうが人気なのだとか。

こうやって 思わず記事にしたくなるような話題を提供してくるのはドール
以前も バナナの自販機のことを書きました。

大企業だからできることかもしれませんが、
このエッセンスは 自分サイズで販売をしている方々にも 見習える点が多いと感じました


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


赤の「トマピー」と緑の「ヌーベル」

「赤いきつねと緑のたぬき」という響きを思いだすようなタイトルですが、お野菜のお話です

「トマピー」 と聞くと、トマトとピーマンの交配をイメージする方が多いと思いますが、
赤の「トマピー」は 日本生まれのパプリカです
まだ未熟の緑色だと「ヌーベル」ちゃんと呼ばれています。

トマピーヌーベル
どちらも 高さが 
見慣れているパプリカの半分くらい、
扁平、トマトのような形をしています。

大きさは 平均で150〜200gくらい 
大きいものだと300gにもなるそう

まずトマピーちゃん、
生でいただいてみると、果肉は 食べ応えのある厚みで ジューシー
そして フルーツのように甘い。(糖度は 10度を超えるそうです)

パプリカは ピーマンと比べると クセのない甘さが印象的だと思いますが、
通常のパプリカと比べても さらに甘い。

いつもの感覚でサラダに入れたら 甘すぎるかも、と感じるほど。
フルーツと和えてみたくなりましたスープにしても きれいそう

ヌーベル断面ヌーベルちゃんは トマピーと比べるとマイルドな甘さ。
加熱すると旨みと甘みが ぐぐっと増します。

果肉がしっかりしているので 
器にして 詰め物をしている方が多いようです。

この人気ものをおすそわけくださったのは 
野菜ソムリエの同期で、茨城県「ハナワ種苗」の来栖さん

同じ茨城県出身として 美味しい情報を共有しながら 
地元を盛り上げていこうと想いを共にする大切な仲間
です

いつも ありがとう


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ