篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2011年05月

大和伝統野菜「大和まな」に恋して

「野菜の学校」で 春の「大和伝統野菜」を味わいました。
中でも 印象に残ったのは 他のつけ菜と食べ比べをした「大和まな」。
(ちなみに食べ比べたのは「江戸小松菜」、「しんとりな」「べかな」)

奈良・大和路の食の歴史、地域の伝統を受け継ぐ「大和伝統野菜」の中でも
代表的な「つけ菜」です。

大和まな小松菜の仲間ですが、
葉にざっくりした切れ込みがあり、ワイルドな雰囲気。

味もさぞかし男前かと思いきや、
どちらかと言うと女性的で、繊細かつ巧みでした。

出汁を思わせる「うま味」があり、複合的な味わい。
味付けは 薄くして、この味わいを楽しみたいと思いました。

意見交換会で、やまけん先輩は おっしゃっていました。

「原種に近い『大和まな』と
改良が重ねられた『小松菜』は対極にあるツケナである」と。
なるほどぉ。

その言葉を聞いて ふと  「黒田五寸人参」を想い出しました。
私、洗練されすぎていない野性味のある味が好きなようです。

ぜひ、旬まっただ中(冬場)の「大和まな」を大和路で食べてみたいものです。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>


課題図書に選ばれました!「エディのやさいばたけ」

「課題図書」 
だれもが通ってきた子供のころ、聞いた響き。
課題図書を読んで感想文を書いた記憶が蘇りますね。

課題図書「エディのやさいばたけ」このたび、
お野菜仲間で お仕事もご一緒させていただいている大好きな方、
童話作家で園芸&野菜エッセイストの真木文絵さんが翻訳された
「エディのやさいばたけ」が
小学校低学園の部(1.2年生)課題図書に選ばれましたー!

野菜を自分で育てた人にしかわからない喜びやハラハラや学びが 
ちりばめられ、巻末には ガーデニングの基本情報まで。
子育てしながら お庭で野菜を育んでいる真木さんならでは、
大人も楽しめる一冊です。

私のお気に入りのくだりは 
「やさいたちの ごはんは つちから
 のみものは あめから もらうよ。
 くうきもたっぷりあるし
 たいようの ひかりで ぽかぽか いいきもち。 こうして おおきくなるんだね!」

野菜や果物も 自分たちと同じ生き物なんだと 自然に感じられる表現がステキです。

小学生たちが手に取っている姿を想像するだけでもワクワクします。
これを読んで 「私も ぼくも!」という声が 日本中に響きますように・・・


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>


「キッチンの女王」 エ―ケルンド

仕事柄、野菜果物や台所をモチーフにした かわいいものたちに惹かれます。

つくば市でインテリアショップを開いていらっしゃる山下さんより すてきな贈り物をいただきました。

エ―ケルンド
エ―ケルンド
のディッシュクロスです。

エ―ケルンドはヨーロッパ中で愛されている
スウェーデン王室御用達のリネン・テキスタイルブランド。

野菜果物やキッチンまわりのモチーフ柄も多いので前から 気になっていたブランドです。

その中から 山下さんがチョイスしてくださったのは
コットンと竹ビスコースで織られた環境にも優しい新シリーズから
「QUEEN OF KITCHEN」というモチーフ。

飾りたたくなるくらいの かわいさ☆

でも ハンカチとしての使用が おすすめ とのことなので、どんどん使わせていただきます。

ガンガン洗っても大丈夫で かつ竹ビスコースの抗細菌特性は失われない、というのも うれしい。

大切に 使いこませていただきます。ありがとうございました。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

「すだち」の巣立ち

約2ヶ月の3月11日、世界中の記憶に残ることとなったあの日は
「すだち」の巣立ちの日だったこと ご存じでしょうか?

偶然にも 3月11日は 徳島県の特産果実「すだち」のハウスすだちが 
東京市場に今シーズン初出荷された日だったのです。

すだちたちも さぞかし切なかったでしょう・・・
それでも 変わらず 私たちの食卓に彩りと香りを添えてくれる「すだち」に感謝。

すだち
すだちは すがすがしい柑橘が閉じ込められたカプセルです。
半分に割った瞬間 あふれでる上品な香りがたまりません。

そして私にとって嬉しいのは 「使い切りサイズ」であること。

レモンや柚子は おひとりさまには ちょっと大きい・・・
けれど ピンポン玉大の「すだち」は ちょっと使いたい気持ちに フレッシュパックで応えてくれちゃう。
そこが ますます好きな理由です。

日本中が恐怖と悲しみに包まれる日となってしまいましたが、
くしくも 同じ日となってしまった門出を どうしても伝えたくて。 

今は ハウスすだちの旬、8月には露地栽培の季節がはじまりますよ。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

きな粉ティラミス

「きな粉ティラミス」。
豆好き つまりは きな粉好き、ティラミスも好きには 魅惑の響きです。

たまさか@丸の内
というわけで きっかけを 「きな粉ティラミス」に、
丸の内の「たまさか」に行ってきました。

「たまさか」は 気軽に テーブル懐石がいただける割烹。

カウンター席が中心で、目の前には 料理人の手さばき、
大きな窓の外には 緑あふれる景色・・・ 
しあわせです。


ご一緒してくださったのは、
第1回国民的美魔女コンテストのファイナリスト、 お野菜美魔女の金さん

金さんとは 野菜ソムリエ説明会講師として お仕事ご一緒させていただいたのが ご縁です。
(先輩である金さんは ご卒業。私は説明会でのプチ講座 まだ継続しています。)

先付まず 豆つながりでご紹介したいのが 
先付でいただいたピーナッツもやしさん。

展示会などでは よくお目にかかっていましたが、
こうやって 飲食店でお目にかかるのは 初めてでした。

甘みがあって 香ばしくて 食べ応えあり。
見た目は太めで、ある意味「もやし」っぽくない たくましさです。

きな粉ティラミス旬があふれる2段重を いただいた後、
私にとってのメイン(笑)「きな粉ティラミス」を。

これは 大きすぎる期待をも上回る美味しさでした。
こんなに きな粉とマスカルポーネの相性がいいなんて!

初めてでありながら、鉄板のコンビネーションに、定番を想わせるハーモニーです。
これは 大きなトレイごと 食べてしまいたい(笑)

ケーキより 和菓子な私ですが、これは どちらものよさをミックスしているようで魅了されました。

いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ