篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2011年08月

四国出張へ

先日の京都出張のこともアップできていないままですが(汗)
今日から3泊で四国出張です。

経営改善研修会で、
香川県の生産者さんへ思いを込めて講演をさせていただきます。

旬の味覚も満喫してきたいと思います。

夜も懇親会などスケジュールが満載で、
ゆっくり記事を書いている時間はなさそうなので、
フェイスブックを中心にリアルタイム発信していきます。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

フレッシュサマーフルーツ☆ブルーベリー

本来なら旬のはじめにお伝えしたかったことなのですが・・・
国産ブルーベリーの美味しさ 知っていますか?
もちろん安心安全も嬉しいポイントではありますが、何より、味わいのよさが魅力。

昨年、協会シンポジウムで講演をさせていただいたことがご縁で、知って、ますます好きになりました。
(その時のレポートはこちら

冷凍のイメージが強く、旬が分かりづらい果物のひとつかもしれませんが、
国内の旬は 梅雨明け以降の夏。「フレッシュサマーフルーツ」なんです。

福島さんのいなぎブルーベリーバタバタしていて、摘み取りに行きそびれてしまったのですが、
お世話になったブルーベリー協会の福島さんが、
昨年の御礼にと手塩にかけたブルーベリーを贈ってくださいました。

お気持ちに心から感謝です。

ラビットアイ系品種「ティフブルー」ブルーベリーと一言で言っても 実はたくさんの品種があり、
今回贈ってくださったのは、
ラビットアイ系の代表品種「ティフブルー」。

最盛期を過ぎて、小粒なのだそうですが、味は大物でした!

ブルーベリーは直売所などで ちょこちょこ購入して食べていましたが、ダントツの美味しさ!
おすそわけしたお友達も、驚いていました。

美味しさのポイントは、成熟期にしっかり日照時間があったこと
そして、しっかり樹上で完熟させていること、なのだそうです。

流通のことを考えると、どうしても早めに収穫せざるを得ないのが現状。
(輸入ものについては言うまでもありませんね。)
本当のブルーベリーの美味しさを知るなら、やはり、
生産者さんから直接か、もしくは自ら摘み取りがオススメ
です。

品種の違いによる味わいも、私自身もっと知って、伝えたいところなのですが、
まずはその前に、樹熟の美味しさを知ってもらうことからな気がします。

気持ちのこもったブルーベリーをいただいて、想いが再燃しました!(笑)
ブルーベリーは紅葉もキレイなことで知られます。
また、季節ごとの楽しみをお伝えできたらと思います。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

朝どり大葉で佃煮

なつはな畑の朝どり大葉今年も なつはな畑の大葉たち、元気です。
母が、朝どりしたものを届けてくれました。

昨年、知って以来、大葉の佃煮づくりが夏の楽しみ。
(大葉の佃煮について、詳しくはこちら )

大量に作って冷凍して、1年中楽しんでいます。

震災で電気やガスが止まってしまったときも、この保存食たちが助けてくれました。

今年も、太陽の恵みに感謝しながら、たっぷり蓄えたいと思います。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

月刊誌「日本カメラ」に掲載されています

私が野菜ジャーナリストとして活動しているベースである偉大なる祖母。
約3年前から、下手なりに心を込めて 祖母の姿を撮り続けています。

唯一の発表の場が、年に一度、茅野市民館で開催されている写真展
「寿齢讃歌〜人生のマエストロ〜写真展此

80歳以上の「人生のマエストロ」世代を被写体にした写真展で、プロアマ問わず、応募できます。

日本カメラ2011.9
大人気で、当初は一人3枚エントリーできたのですが、
現在は2枚に制限されるほど。

私にとって4年目の参加となる今年、
9月3日〜19日まで開催される展示会に先立ち、
大変光栄な知らせが届きました。

なんと、応募作品を日本カメラ社に送ったところ、私の写真が選ばれ、
今月号の「日本カメラ」内、写真展紹介ページに掲載されていると。

篠原はなえ95歳@御柱

写真は昨年の御柱で 心から楽しそうな祖母。

7年に一度の奇祭、95歳の祖母は何回経験したのでしょう。

祭りの度、その何回もの想い出がよみがえるのかもしれません。
私たちが先に疲れてしまうくらい、
パワー全開で終日、楽しんでいました。

信州で生まれ育った祖母、95歳にして、ついに全国デビューです。


9月の信州、気持ちのいい季節です。
ご都合よろしい方は、ぜひ、茅野市民館(茅野駅直結)で開催される写真展で
人生のマエストロたちのパワーにふれてください。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

有機農家 久松達央さんとごはん

茨城県土浦市の有機農家 久松達央さんとごはんを食べながらお話させていただきました。
久松さんは、勝手に「兄貴!」と呼ばせていただきたくなるくらい 大好きな生産者さんです。

進む道は 生産者としてはマイナーな路線、刺激的な言葉も飛び出しますが、
それが、合理的、科学的な論理に裏付けられており、だからか、いや、それと相反するような
おちゃめな人柄ゆえ、聞く相手を久松ワールドに引き込んでしまう魔法の持ち主なのです。

一方的に存じ上げておりましたが、しっかりお話させていただいたきっかけは、
食生活ジャーナリストの会で講演いただいたこと。(その際のレポートおよび久松さんの補足はこちら
帰り道、「やっぱりもっとお話したい!」と思った私は、こっそりストーカー術に出たのでした。
私が乗る電車は、久松さんとは逆方向なのに、それを秘密に同じ電車に乗り込み、がっつりお話(笑)

でも、秘密にしたまま帰らないのが私で、最後に告白(笑)。
久松さんに「秘密にしておいてほしかった」と笑われ、続きの約束をして別れたのでした。

(はじめにひとつお断り。私はまだ、久松さんのお野菜をいただいたことがありません。
ですので、久松さんの畑や、野菜については語る資格はございません、今は。)

そして、ついに実現した 二人ごはん。
有機農業のリアルが伝わってくるエピソードの数々、本当に学ばせていただくことばかり。
私の感覚的な話にも優しく耳を傾けてくださり、久松ファンが多い理由を 体感しました。

福島県と同様、茨城の野菜たち、同時に生産者さんたちのことも心配されますが、久松さんは元気。

3月末、長年お付き合いのあった顧客を含む、約3割のお客様が離れてしまったとき、
「もう農業をやめるしかない」と本気で覚悟。(「本気」で、というのが重要。)
そうしたら「12年間、農業たのしかったなぁ・・・」と涙がぽろぽろ溢れてきたのだそう。
そこで、改めて、自分は農業が本当に好きなのだと気付かされたのだと言います。

でも、そこでカラダが止まらないのが久松さん。
陽が昇れば、マルチを敷き、その出来栄えに爽快感を覚えていたのだとか。

結果、言うまでもなく、現在も、久松さんは農業を続けていて、顧客数ももちなおしつつあるそう。
そして、「今思えば、(まだ解決していないけれど)今回のことは、
天災など、これまでにも何度となくあった困難のひとつにすぎない」と思えると。
(そう思おうとしているのかもしれません。)
それくらいの強さがなければ、そもそも生き残り続けることはできない世界なのですね。
ブームとも言われますが、本当に厳しい世界、そこに生きる人の強さを知らしめてくれるお話でした。

ふたたび、じっくりお話させていただき、改めて、久松さんの野菜が食べたい!そう思いました。
講演で、「久松さんの野菜だから信頼して食べる、と言われると、荷が重いのも事実」という趣旨の
お話をされていましたが、そう言われたってやっぱり、
久松さんが育て、届けてくれる野菜なら、食べたい!いち生活者として、そう思ったのです。

この気持ち、すごく大切。
この気持ちの重なりが、生産者さんにとっても 私たち食べる側にとっても 
しあわせをもたらす種
になるのだと 改めて思います。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ