篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2012年02月

「安全と安心の狭間」

ご報告が大変遅くなりましたが、去る2月18日(土)、
食生活ジャーナリストの会(以下、JFJ)最大のイベントである公開シンポジウムは 
盛会のうちに終了いたしました。

お忙しい中、お運びくださった方々、ありがとうございました。

まもなく、震災から1年を迎えようとしている今、シンポジウムのテーマは、
「安全と安心の狭間 〜安全でも安心できない消費者の心理と風評被害について〜」。

社会心理学者の中谷内一也さんによる基調講演とパネルディスカッションで構成しました。

社会心理学的なアプローチによる安全と安心の間にあるものについての考察からは
「同じ目線に立って、目標を共有していることを確認し合う作業」の大切さが指摘されました。

後半は、中谷内さんに加え、
消費者代表としてコープかながわ組合員理事・ユーコープ事業連合組合員理事の浦郷由季さん、
ジャーナリスト代表として科学ライター・JFJ会員の松永和紀さんに加わっていただいての
パネルディスカッション。

伝える立場、受け取る立場、学術的に分析する立場の目線が交錯し、
JFJとして、とても有意義な時間が紡げたのではないかと自負しています。

あまりに盛り上がりすぎ、会場の方々との意見交換の時間が足りなくなってしまったことが
大きな反省点でしたが、被災地から お越しくださった方の声もお伺いすることができました。
時間配分につきましては、来年度では改善したいと思います。

JFJのHPでもご紹介しておりますが、シンポジウムの報告書をご希望の方には
1部1000円(税込、送料込)にておわけできる予定です。
ご準備が整いましたら、またご報告させていただきます。

というのも報告書をまとめるのは私のしごと・・・これから がんばります(汗)


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

京都大原の予約制農家レストラン「わっぱ堂」

大原にて先月に続き、訪れた冬の京都。
お夕食は、大原まで足をのばしました。

市内から地下鉄とバスを乗り継いで、約1時間の道のり。

観光地というよりは、静かな田園風景が広がります。
京都の方にとっても 避暑地というか別荘地のような感覚の土地だというのに納得。

大原の畑
家の横に小さな畑が点在していました。

暮らしの すぐ隣に 野菜たちが息づいている景色って 
やっぱり落ち着きます。

わっぱ堂
粉雪舞う京都大原路の散歩を楽しみながら目指すは 
京都大原有機野菜料理「わっぱ堂」。
予約時のみオープンするという
特別な空間に連れていっていただきました。

というのも、ご主人は ふだんは生産者さん。
(もともと料理人でいらっしゃいますが。)

ご自身と、お仲間生産者さんが育てられた
有機野菜をふんだんに使ったお料理を提供してくださいます。

お料理はもちろんのこと、空間と、
わっぱ堂ロングご夫婦のお人柄がすてきで 私は終始、ハイテンションに(笑)

奥さまのご両親の染色工房の一部を改築したという店内には、
古民家ならではの、昔ながらの農家の台所な雰囲気に
黒塗りのしぶいカウンター、大きな鉄がまや七輪が。

協同 将来、信州のわが家の台所もこんな風にしたいなぁと憧れて 写真をパシャパシャ。

←お気に入りの一枚。名づけて「協同」。
こんな背中を見て育つ子供は しあわせでしょうね☆

食材たち@わっぱ堂
カウンターには 元気いっぱいの本日の食材が。

その日に収穫できたお野菜にあわせて、
メニューを考えてくださります。

前菜盛り合わせまずは、前菜三種。

上から時計回りに 水菜の卵とじ
金時人参の卵よせ
聖護院大根のふろふき

イワナのたたき
続いて 岩魚のたたき。

春菊、白菜のはちみつマリネ、
木曽むらさきを添えて。クリーム焼き



続いて お野菜のクリーム煮。
石窯で焼き上げたパンと。

オーガニックのシャルドネが進みます(笑)

畑菜と卵のピザ
畑菜と卵のピザ。

見た目は華やかですが、素朴な味わい。


合鴨肉と春の息吹
鴨肉のロースト。 わさび菜のピリリと共に。

天ぷらは 菜の花、九条ねぎ、しいたけ、
そして初物の ふきのとう。

「今朝、5つだけ見つけられたんです。」
そんな一言が さらに味わいを深めてくれました。

黒米にぎりのあんかけ
シメは 黒米焼おにぎりの野菜あんかけ。

最後に デザート(カタラーナ)とコーヒーをいただいて 
なんと3500円! コストパフォーマンスよすぎです!

この日は、私たち貸し切りだったので、バス停まで
ご主人が送ってくださるというお気遣いまで。

心温まるおもてなしに胸いっぱい、再訪を心に決めました。

野菜ジャーナリストのお気に入り度 ★★★★☆(4つ半)
******************************************************
京都大原有機野菜料理「わっぱ堂」 
電話 075-744-3212 京都市左京区大原草生町102 ギャラリー草庵内 
水曜休み 要予約 
*******************************************************


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

オレンジのチカラ

仲良くしていただいている香川県のイケメン生産者・眞鍋さんより贈り物をいただきました。

佐藤さんのネーブル@香川
じゃじゃーん、佐藤さんの「ネーブルオレンジ」です。

箱を開けた瞬間、あふれ出す まぶしいほどの「オレンジ」色!
元気がでますよねー☆

果物のチカラ、色のチカラを改めて実感しました。

毎日、甘酸っぱい幸せに包まれています。
ありがとうございます。

ネーブルちなみに ネーブルオレンジの「ネーブル」は おへその意味で、
おしりの部分に おへそのようなへこみがあるのが特徴。

オレンジと言うと海外のイメージが強いですが、
12月〜3月頃までは国内産に出逢える季節なんですよ。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

今日から宮崎→熊本

ブログ記事での報告が2週間くらい遅れていたり 前後したりしていることで
ますます どこにいるのか分からないと言われる野菜ジャーナリストですが(笑)
今日からの週末は、宮崎→熊本におります。

予定を詰め込みすぎないつもりが、気づけば タフなスケジュールに(汗)
短い時間ですが、しっかり吸収してまいります。

リアルタイムでのご報告は フェイスブックでしておりますので、
ぜひ、探してくださいね。

(実際にお知り合いでない方からの友達申請は、
 基本的にメッセージを添えて申請いただいた方、
 野菜果物に係る方に限らせていただいておりますので、ご了承ください。)



いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

加藤久仁生展@八王子市夢美術館

願えば叶う、いつもそう想っている篠原です。
今年はさらに加速して、逢いたい人に逢えたり、行きたい場所に行けたり・・・

そして逢いたいと思っていた方のひとり、加藤久仁生さんの個展「加藤久仁生展」
ご本人と巡るギャラリートークがあると前夜に知り、行ってきました!
つみきのいえ

加藤久仁生さんは、「つみきのいえ」で、
アヌシー国際アニメーションフェスティバルでグランプリ、
翌年にはアカデミー賞短編アニメーション賞を
受賞されたことで時の人となりましたね。


今回、個展の舞台となっている八王子は加藤さんにとって大学時代を過ごした土地とあって
ギャラリートークには、想定以上の人が殺到!
(住んでいらしたアパートは「アカデミー荘」という名になっているらしい(笑))

急きょ、トークショーに変更となり、
いつぶりか思い出せないくらい久しぶりに 体育座りをしてお話を伺いました。

加藤さんは 静かな語り口の中に とてつもないユーモアを持ち合わせていらして
耳を澄ましながら 笑うひとときでした(笑)

子供の頃、男友達と アットホームなおままごとをして遊ぶのが好きだったそうで、
その「箱庭」が ふりかえれば原点なのだというお話は興味深かったです。
その後は、流れに身をまかせ今がある、という力んでいないところも、らしくて嬉しかった(笑)

加藤久仁生さんの世界にふれると
大切な人のことや、自分のこれまでやこれからを ふと思えたりする。
私が、自分の仕事にふれた人にそうであってほしいと願う世界観でもあるから
私は強く惹かれるのかもしれません。

トークショー後、サインを待つ列がなかなか進まないなぁと思ったら
ひとりひとりに丁寧に絵を描いていらっしゃいました。自分のペースを変えずに丁寧に。
ますますファンになってしまいました。

久仁生&久仁子そして、私の番、
「久仁生さんと同じ『久仁』の久仁子です。」とお伝えしたら、
「なんか変な感じですね」と笑いながらサインしてくださり、
「久仁」同士で記念撮影。

「加藤久仁生」ワールドに魅了された ひとときでした。

八王子市夢美術館での個展は 3月25日まで。
(その後、刈谷市美術館、長島美術館と巡回予定)
3月10日にも ギャラリートークが予定されていますよ。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>
●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ