篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2012年03月

言葉にして伝える技術

僭越ながら コミュニケーションの授業もさせていただく立場ゆえ、自己流だけではなく
他からの学びも深めるべく「伝える」ということについてのインプットもする日々です。

言葉にして伝える技術〜ソムリエの表現力〜というわけで、たまには 最近読んだ本のご紹介も。

ワインのソムリエとして著名な田崎真也さんの著作
「言葉にして伝える技術」。

「その言葉は、本当に『おいしい』を表現できていますか?」
という投げかけから始まり

「ほっこりした」「手作りだから、おいしい」
「地元の素材を使うから、おいしい」
「オーガニックの野菜だから、おいしい」
「クセがなくて、おいしい」などなど・・・さまざまな表現を一刀両断!

私は、感覚的な表現も 
それぞれの感覚で受け止めることのできる立派な美味しさの表現だと思うのですが、
言いっぱなしではなく、論理的に 説明してくださるので 消化不良にはなりません。

でも、それもこれも香りの表現の乏しさを指摘するためのフック。
確かに 香りを表現するボキャブラリーって言われてみると少ないかもしれません。

ワインはブドウからできているとは言え、青果物ではないよなぁと思っていましたが、
「ワインは農作物であり、ワインを知るには植物のことを知ることが重要である」という
田崎さんのスタンスに 一気に親近感も覚えました。

ソムリエ違いの「野菜ソムリエ」にも応用できる表現のヒントもたくさん。
むろん、田崎さんは 一般の方向けに書いていらっしゃり、
「洞察力に優れ、表現力が豊かになるということは、同時に感受性が豊かになりなることにもつながります。その結果、人の気持ちを察することもできて相手への気遣いや思いやりも生まれると思うのです。」と、五感を鍛えることが暮らしにいかに生きるかも説明されています。

興味深い一冊でした。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

最強☆オレンジピールチョコ

ジャンヌトロワのジャンヌ
サプライズの天才
プランニングプロデューサー次屋妙子さんからの頂き物☆

ジャンヌトロワ@本郷のジャンヌ(オレンジピールチョコレート)
 
元来、オレンジピールチョコレートが大好きですが、さすが妙子さんチョイス!最強でした!

まず、手作りの温かみが伝わってくるゴツゴツ感がいい。

そして
しっとり薫り高いオレンジピールとビターなパリパリチョコレートの絶妙なハーモニー!

うー、止まらず パクパク パクパク・・・コーヒーにはもちろん、お酒にも合います。

和菓子の老舗「三原堂」の姉妹店というのも心くすぐるポイント。

これは 私のお土産リストに追加決定です。
もちろん毎回、自分の分も買ってしまうこと必至(笑)


おまけ☆笑撃の一枚笑撃の野菜ジャーナリスト

フォトグラファーでもある妙子さんにのせられ、
かわいこちゃん風の写真を撮っていただきました。

何気ない姿勢に見えますが、キレイにみせるためには、
想像以上に腰をひねる必要があることを学びました(笑)


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

【募集中】有機農家女子をつなぐ「オンライ圃場見学会☆女子会」

josikai以前、このブログでもご紹介しましたオンライン圃場見学会。
(以前の記事はこちら

第一線の有機農家をつなげることを目的にできた企画ですが、
伝説的な盛り上がりでファーストシーズンを終了。

一方で、スカイプでの交流に夢中になる旦那さんにイラっとしながら(笑)
家事に追われていた奥様もいるのでは?という 空気の読める主催者・関谷さんのアイデアで
スピンオフ企画として、有機農家女子を対象とした女子会が企画されました(笑)

私は、メインコーディネーターとして参加させていただきます。

以下、詳細を転記します。


オンライン圃場見学会の一番の目的は普段忙しすぎて圃場見学会などに行ってられない
第一線の有機農家同士をミックスアップすることが目的でした。
でも結局、家で旦那がスカイプで会話に夢中になって奥さんは子供を風呂に入れたり
寝かしつけたりで参加できない女性陣も多かったのではないでしょうか?

この日は全部旦那に任せて、距離と世代を乗り越えて同じ有機農家の女子同士、
普段出来ない会話、普段できない出会い、
普段会えない仲間を創り上げていただければと思います。ぜひぶちゃけててください。

メインコーディネーターは野菜ジャーナリスト篠原久仁子さん

日時:4月3日(火曜)
開場19:30
開始20:00〜22:30(くらい)
会場:スカイプ上(当日 asahiyafarmからスカイプグループのお誘いをします)
参加対象:女性有機農家(研修中・独身・既婚は問いません)

要申し込み:先着15名様
        (1回線の前に何人か一緒に参加されて構いませんが申し込みをお願いします)
参加費:無料(長野有機農業研究会穀物野菜部会からの謝恩企画)

参加申込フォームよりお申し込み下さい。
http://asahiyanoujou.jp/doblog/yuuki/2012/03/26/120326/ 

受付後参加者一覧などの資料をお送りします。
イベント管理人関谷と面識がない方は受付後に
女性であることを電話にてご確認させていただきます。ご了承ください。


すでに昨晩のリリース直後からお申し込みがあったそうなのでお早めにどうぞ。

人数は限られていますが、旦那さまは奥様への日頃の感謝を込めて、
背中を押してみてはいかがでしょうか?

農業女子との熱い女子会トーク、楽しみにしております。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

「食幹」のトマト味噌

先日、前から気になっていた和食屋さん「食幹」@渋谷へ。  

トマト味噌看板メニューの「トマト味噌」が
あまりに美味しくて テイクアウト。

和食でも 生野菜をたくさん食べてもらたい、
そんな想いから生まれたのが 
ドライトマトのコクに白味噌を合わせた
極上の和ディップ「トマト味噌」だったそう。 

思いっきりトマトの旨みが凝縮され、それでいて、まろやかで
ほかの野菜も しっかり引き立ててくれる。

口溶けも 軽やかで もう虜になりました。

10人という大人数でのお食事でしたが、皆、美味しい美味しいとおっしゃってましたね。

いぶりがっこのポテトサラダいぶりがっこのポテトサラダも絶品。
なぜ、この組み合わせをやってこなかったのかー!と
叫びたくなるくらい、
初めてなのに これこれ!と思ってしまうベストコンビです。

ちょうど 秋田出身のマンション管理人さんから
お野菜コミュニケーションでいただいた
「いぶりがっこ」が我が家にあるので 再現してみよう☆

でも同席されていた方曰く、「ポテトサラダ×燻製」は
そもそも鉄板の組み合わせなのだそう。
まだまだ知らないことばかりですなぁ・・・
これは 晩酌のお共に最高ですよ!

何気ないひと皿が しみじみと美味しい。
大好きなお店となりました。
お話に夢中になりすぎて、看板メニューのひとつ、パエリアを食べ損ねたので 
また近々行きたいです。 

野菜ジャーナリストのお気に入り度 ★★★★☆(4つ半)
******************************************************
「食幹」 
電話 03‐3797‐1911 渋谷区渋谷3‐5‐5 HAKKAビルB1F 
11:45〜14:00(L.O) 18:00〜22:30(L.O 土曜は22時L.O) 日曜休み
URL http://www.discovery-t.com/
*******************************************************


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>


新顔野菜「アレッタ」

アレッタ農経新聞の取材で伺った「品種見本市」@川崎北部市場で
久々に お気に入りの新顔お野菜と出逢いました。

ブロッコリーとケールを組み合わせて出来た
新顔野菜「アレッタ」です。(種苗会社は三重県津市「ナコス」)
農経新聞記事
農薬登録上「なばな」とされているので
「なばな」としてはもちろん、葉も茎も蕾も
ぜーんぶ美味しくいただけるのが特徴。

(詳しくは 写真をクリックしてください。記事が読めますよ。)

アレッタ鉢植え




通常は、「なばな」として、側枝を摘んで出荷しているのですが、
上の部分(頂花蕾+側枝)もそのまんま丸ごと出荷しよう!
という提案も。

(このディスプレイ鉢でいう、中心部。
あくまでディスプレイなのでかなり大きく育っていますが・・・)

蕾の部分は、ブロッコリーに近い風味、
葉の部分はどちらかというとキャベツに近い風味・・・

いろんな美味しさが楽しめて、それぞれの特徴を活かしがいがあります。
解体するのも楽しいー!

アレッタ葉の炒めもの私は、葉の炒めものが特にお気に入り。

とにかく色が美しい!へたらない
(ここはケールのよさを受け継いでいる気がします。)

見た目通り、歯ごたえもしっかり残り、
へたらないので絵になる!

大規模なレストランさんだと手間かもしれませんが、
素材にこだわるオーナーシェフの方とかは興味示されそうな気がします。

もう、次のシーズンになっちゃいますが、もっと作ってくださる農家さん増えないかしら・・・

あまり手がかからないし、ケールのパワーで虫もつきにくいそうなので、
我が家の「なつはな畑」でも育ててみたいと思います。(ちゃっかり種をいただいてきた(笑))


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>
●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ