篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2012年06月

「“50℃洗い”から広がる可能性」JFJ勉強会のお知らせ

ここのところお知らせラッシュな野菜ジャーナリスト篠原久仁子です。

今回は、幹事を務めております「食生活ジャーナリストの会」(以下JFJ)主催の
勉強会のお知らせします。

メディアでも話題沸騰の「50℃洗い」。

一方的に見ているだけでは分からない疑問をお持ちの方も多いのではないかと思います。
この度、JFJでは、提唱されている平山氏をお招きして、
参加者の疑問にお答えいただく場を設けました。

また、最新情報として、50℃洗いから広がる可能性についてもお話いただきます。

すでに続々とお申し込みをいただいています。
お席に限りがありますので、お早めのお申し込みをオススメいたします。

以下、詳細をご参照ください。

「“50℃洗い”から広がる可能性」

 このところテレビや雑誌をにぎわす“50℃洗い”。50℃で食材を洗えば、
食材が生き生きとよみがえり、しかもアクやイヤな臭いなどもなくなるという、
まるで魔法のような一手間が大反響を呼んでいます。
メディアで具体例を見たり、実際に試してその効果を目の当たりにしている方も
増えていることでしょう。
 一方で、これまでの調理の常識とはあまりに違う手法に、半信半疑だったり、
いろいろな角度から疑問を抱いている方も少なくなさそうです。
今回の勉強会は、渦中の平山一成氏をお迎えし、現段階でわかる範囲で、
“50℃洗い”をめぐるさまざまな疑問を検証したいと考えます。
また“50℃洗い”は、単に下ごしらえの手法にとどまらず、農業や加工・流通、
医療や健康、介護の場面でも大きな貢献をする可能性が示唆され、すでに
具体化している例もあるそうです。そうした今後の広がりについても、お話しいただきます。
 今話題のテーマを、食生活ジャーナリストの視点から再検討する貴重な場です。
席に限りがありますので、なるべく早めにお申し込みください。

 講師 : 平山一成氏(スチ―ミング調理技術研究会代表)
 日時 : 7月9日(月) 午後6時半〜8時
 場所 :  東京ウィメンズプラザ 第一会議室
        (地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」徒歩7分)              
 参加費: 1,000円(当日お支払いください) 会員は無料

お申し込みは JFJ事務局までお願いいたします。
 電話&FAX:042-554-3887 jfj-shoku@t-net.ne.jp

お知らせはまだまだ続きます。
また別の記事でお知らせしますね。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

「食べられるインスタレーション」で逢いましょう☆

言わずと知れた私の大親友、アーティスト(帽子デザイナー)のヨネダマキが
神楽坂にアトリエを構えて5周年を祝し、イベントを開催します。


jpg
Installation[代名詞 第三章] 
 collaboration with 森田一頼(chef @Libertable)

6月21(木) 12:00―19:30 @galon B1F


東京、パリとで発表されたインスタレーションの連作「代名詞」
第三章は、再び東京・神楽坂で。

私がお知らせしているということは・・・
そう、「食」とのコラボレーションなのです。

タックを組むのは、南青山で異彩を放つ美食料理「Libertable(リベルターブル)」森田一頼シェフ。
森田氏、実はパティシエ!
パティシエの感覚で、フレンチのフルコースを提案するという新しい試みをされています。
(ぜひ先日のブログ記事もご参照ください)

その森田氏とヨネダマキが出会ったことで生まれるのが「食べられるインスタレーション」です。

エントランスフリー、お時間もフリーですので、ご都合のよい時間にお越しください。
愛でて、食べたくなったら味わうこともできますよ(有料)。
map
もちろん、1階では帽子もご紹介もしております。

フランスで才能を磨いた2人の美味しい饗宴で、
ハイセンスなヘンゼルとグレーテル気分を味わってください(笑)

私は、終日会場でお待ちしております。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

水無月の「なつはな畑」

三角の「なつはな畑」2012.6

GWに種まきをして以来、茅野(長野県)に帰りました。
6月上旬にもなると、山の緑も濃くなり、畑にも緑が茂り始めます。

ジャガイモ2012.6

三角の畑は 奥から4種のジャガイモ、枝豆2種、
ナス、トウガラシ、ピーマン、大葉、赤シソなどなど
昨年のこぼれ種で ズッキーニも元気に育っていました。

ジャガイモの周りの草をとって、土寄せを。
水ハケがよくなるのと、
上の方にジャガイモが育ちやすくするために。


庭の「なつはな畑」2012.6
お庭の畑も、完成。
ピーマン、モロッコインゲン、トマト、トウモロコシ、ゴーヤ、
モロヘイヤ、ヘチマを植えています。
他には ニラ、ミョウガなどは所々に自生。

絹はだカブ

こちらは、絹はだカブ。
この季節の貴重な青菜として、間引き菜をいただいています。

6




ばあちゃんも 庭を愛でて ごきげん。
月末にまた帰る頃には どんな景色になっているのか楽しみです。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

世界唯一!?パティシエが表現する仏フルコース

誕生日の夜は、アーティスト(帽子デザイナー)ヨネダマキと。
出逢って数年ですが「大人になってからの幼なじみ」と言えるくらい通じ合える、かけがえのない存在。
毎年、私のツボどんぴしゃのステキな時間をプレゼントしてくれます。
(「年々、ハードルがあがっている」ため、プレッシャーなのだと軽く苦情を言われましたが(笑))

今年は、六本木ミッドタウンで上質なインプットをした後、
南青山のフレンチ「Libertable(リベルターブル)」でディナー。 

こちらのレストランのシェフ・森田一頼氏はパティシエ。
たぶん、いや世界で唯一だと思います、パティシエがフレンチのフルコースを表現してくれるんです。
もちろん、すべてが甘いわけでなく、しっかりお食事なのですが、
そのアイデアと表現方法がパティシエならでは。

デザートは欠かせない女子には 夢のようなフレンチなのです。
バラのテーブル@リベルターブル
では、お皿というキャンバスに描かれたお料理の数々をご紹介。
(注)コース料理は約月1回のペースで変わりますので、
5月22日現在のものです。

まず、テーブルセッティングに ときめき!
シェフ自ら、ドライにしたというバラの花びらでお皿が飾られています。

アミューズ ブーシュは「ふきのとうのチュロス」

カリッとした中から、春の薫りが溢れ出しました。
とろっとした ふきのとう。新しくも懐かしい食感でした。

カブのスープ@リベルターブルアミューズ もう1品は 「カブのスープ」

ジュレで囲まれて ふんわりしていますが、
口に入れるた瞬間 スープとして広がります。
この繊細さに 一口で心をつかまれました。

ヒキ画を撮りそびれたのが心残り・・・
この一口に 文字通り花を添えて、バラのお皿は役目を終えました。

春の泉、”緑”のサラダとアボカドのムース、柚子胡椒
「春の泉、“緑”のサラダとアボガドのムース、柚子胡椒」

緑のチカラ、みずみずしさ、味わい・・・
本当に野菜の魅力が溢れていて感動しました。


柚子胡椒のソルベ、味は大丈夫かしら?と思っていただいたら・・・
なるほど。
柚子のソルベの後味にほんのり和の辛味。合います。フォアグラとヘーゼルナッツのシュクセ@リベルターブル


「フォアグラとヘーゼルナッツのシュクセ レモンのコンフィ」

フォアグラとショコラという塩味と甘味の見事な融合!
魅せ方もこれぞ、パティシエならでは。

小玉葱のケークサクレ 大山鶏のグリエ@リベルターブル


「小玉葱のケークサクレ 大山鶏のグリエ」
メインは あくまでケークサクレです。その感覚が新鮮。


ここから デザートへ。
声を上げて驚かずにはいられませんでした。
こんなにサプライズが詰め込まれた絶品デザートの数々がありましょうか。

フレジエ”ショートケーキ”記憶の構築@リベルターブル「フレジエ“ショートケーキ”記憶の構築」

見た目には どこにもスポンジのないショートケーキ。
実は、ベースの中に・・・
なんと、スポンジを粉砕してアイスで再構築してあるというのです。

いただいてびっくり、始めはアイスなのですが
最後にふんわりスポンジの食感が蘇り、口の中でショートケーキの記憶が構築されました。

伝統菓子”オペラ”のように・・・《現代形》@リベルターブル
続いて「伝統菓子“オペラ”のように・・・《現代形》」

目の前で ホットチョコレートをかけてくださいます。
すると チョコの傘がとろけて、中に何層にも重ねられた
チョコとコーヒー風味の味わいが交わり、食べるたび発見が。


ただでさえ、デザートが充実しているのに、
さらにお誕生日のプレートまで!
34thバースデー@リベルターブル
でも、味わいと食感の変化球なので、
お腹いっぱいのはずなのに、いただけてしまう・・・

この夜に3人がそろったことで、
今までにない世界を表現することが決定!

6月21日(木)午後に神楽坂ガロンで。
明日にも正式リリースいたしますので、
午後、少しでもお時間いただければ幸いです。

野菜ジャーナリストのお気に入り度 ★★★★★
******************************************************
「リベルターブル」 
電話 03-6427-3229 港区南青山5−2−11 R2-A棟 B1F
Lunch:11:30〜14:00(LO)
Salon de the :14:00〜17:00(Close)
Dinner:18:00〜21:00(LO) 
定休日 :不定休
ドレスコード:スマートカジュアル
URL http://libertable.com/
*******************************************************


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

ぜんまい三昧

ぜんまいの塩漬け春のお野菜コミュニケーション@茅野です。
近所の方から ぜんまいの塩漬けをいただきました。

干しぜんまいは お馴染みですが、塩漬けは初めて。
色鮮やかで 山で生きていた雰囲気が伝わってきます。

ぜんまいの煮物
さっそく塩抜きをして 油揚げと煮物にしました。

シャキっとした食感が残っていて、よりフレッシュな味わい。
箸がとまりませんー。

ぜんまいって こんなお野菜だったのねー、と魅力を再発見しました。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>
●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ