篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

2012年09月

遂に解禁!「サクセスウーマン講座プレミアム」×夏木マリ

SW×夏木マリ
やっと、告知解禁となりました。

プランニングプロデューサー次屋妙子が、何かを始めたい女性を応援すべく、
約10年前に始めた「サクセスウーマン講座」。
35歳・主婦のゼロからのスタートで、次屋が重ねてきたトークイベントです。

次屋の人柄に惹かれ、想いに共感した私、
前回の堀木エリ子さんの会から、チームTSUGIYAのディレクターとして参加させていただいています。

POLAとのアライアンスでさらにパワーアップした前回は、想像を超える大反響をいただき、
なんと夏木マリさんがスペシャルゲストとしてお越しくださることになりました!
しかも、3都市5公演です!

女優として、歌手として・・・ジャンルレスに活躍し続けている「カッコイイ女」の代名詞・夏木マリさん。
私の大好きな映画「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の声の主でもあります。

「60(ロクマル)」という節目の今年に、「スタイルのある女を生きる」と題して、
自分らしい生き方のエッセンスを伺います。
次屋が、私たちのスタイルにも生きるヒントをたくさん引き出してくれると思いますよ。

現在、野菜ジャーナリストとしての活動が主軸ではありますが、
実はこうやって、前職からの演出の仕事もやらせていただいております。

もうディレクターはやらない、と意固地になっていた時期もありましたが、
次屋から「才能にフタをする必要はない、必要としている人がいるのに。」とお話いただき、
挑戦することにしました。ありがたいことです。

この経験は、食に関わるイベントの演出や司会のお仕事にしっかり活かせると思います。
何事もつながっている☆

前回来ていただいた方はお分かりかと思いますが、私は、皆さまと同じフロアで仕事をしています。
ひとりでも多くの方に、共有していただけたら幸いです。

すでに告知3日目にして、すごい勢いで席が埋まりつつあります。
お申し込みは WEBサイトからのみです!
お早めのお申し込みをお待ちしております

In Alliance With POLA
サクセスウーマン講座プレミアム×AAA
夏木マリ トークセッション 「スタイルのある女を生きる。夏木マリの10のルール。」

【東京】
★11月3日(土) @ザ・ガーデンルーム(恵比寿ガーデンプレイス内)
★昼の部/13:30〜15:30(開場13:00〜)★夜の部/18:30〜20:30(開場18:00〜)
★各回とも女性200名様限定。定員となり次第、〆切りとさせていただきます。

【仙台】
★11月18日(日) @仙台トラストシティ カンファレンス仙台
★昼のみ/13:30〜15:30(開場13:00〜)
★女性200名様限定。定員となり次第、〆切りとさせていただきます。

【名古屋】
★11月30日(金) @ミッドランドホール
★昼の部/13:30〜15:30(開場13:00〜)★夜の部/18:30〜20:30(開場18:00〜)
★各回とも女性200名様限定。定員となり次第、〆切りとさせていただきます。

*以下、各会場とも同様の内容です↓↓↓
☆入場料 3500円(ワンドリンク&お土産付き)
☆主催 株式会社ポーラ×TSUGIYA TAEKO PLANNING OFFICE
☆協力 株式会社コウズ  ヒューマンネットワークサービス株式会社
☆お申し込み(WEBサイトからのみ)→http://www.success-woman.jp
☆お問い合わせ先 
 サクセスウーマン講座事務局 TEL:03-3818-2772 mail:info@success-woman.jp
 

いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

野菜に合う伝統の塩「珠洲の塩」

先日、東京ビックサイトで開催された「グルメ&ダイニングスタイルショー秋2012」内、
地域ブランドスペシャルプログラム
「十釜十塩!海水に魔法をかける製塩家たち」で司会をさせていただきました。

十釜十塩キッチンステージ
この日は、日本で唯一、伝統ある塩づくりを続けている、
能登半島の先っぽ・珠洲市から 塩の作り手おふたりをお招きし、
珠洲の魅力、それぞれの塩づくりについて伺いました。


国の重要無形文化財に指定されている「揚げ浜式製塩」についてお話くださったのは、
奥能登塩田村の横道嘉弘さん。(写真ひだり)

何往復もして、海から桶で組み上げた海水を塩田にまき、
太陽と風の力だけで乾燥させて塩分を凝縮させた後、釜で約1日かけて炊き上げる方法です。

揚げ浜塩水の汲み方、焚き上げ方など どれも熟練の技が必要で
塩田に霧状に塩水をまけるようになるには、
10年以上もかかるということです。

技術を受け継ぐことの大変さに加え、
夏場の晴れた日(100日弱くらいだそうです。)にしかできないため、
大変貴重な塩でもあります。

流下式製塩についてお話くださったのは、新海塩産業の小谷内祥司さん。
伝統を活かしながら、新しいアイデアや技術を添えた塩づくりをされています。

室内にかけた天然によしずに霧状に海水を散布して循環させ、海水を凝縮した後で
釜焚きをするという方法なので、天気に左右されないというメリットがあります。

小谷内さんは、お料理のように、季節に応じた四季折々の塩を、という想いで
天然の素材と組み合わせ、カラフルなお塩も作っていらっしゃいます。
深海塩産業のカラフルな塩
炭の黒い塩、桜のピンクの塩など・・・
中でも会場で人気だったのは、地元の伝統野菜・中島菜の塩でした。
口の中でドライ中島菜の風味がよみがえり、びっくりします。

味わいボード小谷内さんが
「少量でいいから、良いものを知って使ってほしい」と
おっしゃっていて、本当にそうだなぁと思いました。


お二人からの解説をいただいた後は、実際に味わっていただきました。

実際に味わっていただいた感想をボードに寄せていただいた
珠洲の塩の味わいは・・・

「甘くて」「しっとり」という方が多かったようですね。 

私の感想としては、優しく野菜の旨味を引き立ててくれる存在だなぁ、と感じました。
珠洲の塩は、フレーク状の塩なので、蒸し野菜の上などにひとつまみ、ふりかけるだけで
ふわぁーっと淡雪のように溶ける様が愛おしくなりますよ。
ぜひ、みなさんにも感じていただきたいです。

手作りだからこそ、製塩所によって 作り手によって 
その都度、味わいが微妙に変わるのも 珠洲の塩の魅力。
お気に入りのお塩を見つける醍醐味があります。

珠洲の塩について もっと知りたい方は こちらのサイトを。 http://www.suzusalt.org/ 
楽天サイトから 購入することもできるようになりました。 http://www.rakuten.co.jp/shionokazoku/ 

伝統野菜や地域に根ざした食文化とつながる部分をすごく感じたことも のめり込めた理由のひとつ。
外の人間は、魅力に気づくけれど、地元の方々にとっては日常すぎて気づきにくい特別な宝。

珠洲の塩の魅力を知って、使ってくれる方が増えることはもちろん嬉しいけれど、
伝統を受け継ぐ若い世代がひとりでも増えるきっかけになったら幸せです。

横道さん&小谷内さんと☆「珠洲の塩」と向き合って、惚れ込んで、
作り手の温かさに触れ、また惚れ込み、周りにいる方の熱さに触れ、
また魅せられ・・・心が揺さぶられる瞬間の連続で、
本当にまたひとつ一生に誇れる仕事が増えました。

すてきなご塩(縁)に感謝です。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

長寿県発!「寿齢讃歌〜人生のマエストロ〜7」

人生のマエストロ7
「写真を通してお年寄りと接し、地域をみつめる」ことをコンセプトに、
茅野市美術館で7年前に始まった
公募写真展「寿齢讃歌 〜人生のマエストロ〜」

今月30日まで茅野市美術館内、企画展示室で開催されています。
(火曜休館)

長寿の長野県から始まった取り組みは、今や、
全国から写真が寄せられる人気の写真展になりました。


私も、参加し始めて今年で5年目です。
写真展の取り組みをまとめたDVDにも、何枚も祖母の写真を使っていただき、
スタッフの皆さまや写真展ファンの方の中では、おなじみの顔になっています。

まもなく97歳になる美人すぎる ばあちゃんは、今もアイドル(笑) 孫の誇りです。

テレビ業界の仕事を辞め、ばあちゃんと過ごす時間を大切にする、と決めたときから
撮りためているばあちゃんの写真。

縁起でもありませんが、もしものときには、
ばあちゃんの元気な姿をいっぱいに飾って、プチ写真展のようにしたいと願っているのです。

まだ写真集をするには写真が足りません(笑)
もっともっと元気で長生きしてもらわなきゃです☆


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

古民家再生プロジェクト2〜想い出ぽろぽろ〜

古民家再生2週間着工から約2週間後の9月中旬、打ち合わせのため、信州に帰省。
(はじまりの日はこちら。)

愛しの古民家は、基礎工事が着々と進んでいました。

差筋アンカーと呼ばれる金属棒を何百本も土台に打ち込んで
補強してからコンクリートで固めるのだそうです。
記録魔の私に、仕事をしながら現場の方が説明してくださいました(笑)感謝。

蚕のしょい籠庭に、びっくりするくらい巨大な籠があってビックリ!
天井裏から出てきたそうです。

1mくらいの深さがあり、抱えきれないほどの大きさ。

母は懐かしがって教えてくれました。
子供の頃は、家の中でお蚕さんをかっていて、
蚕にあげる桑の葉を摘んでいれるための籠だったのだそうです。
使わなくなったので、屋根裏に置いたのではないかと。

カワイイトマト星人?!

畑では、名残の夏野菜が盛り。
トマト、ナス、紫蘇の実など わんさか収穫しました。

トマトの中に こんな個性的な 宇宙人みたいな子がいました。
何があったのでしょう?
虫に刺されたのかしら?
分かる方、教えてください(笑)

下の家のおばちゃんと枝豆

下の家のおばあちゃんは、
家の横を流れている小川で枝豆をワイルドに洗っていました。

昔は こうやって 小川を活用するのが 日々のことだったのでしょう。

懐かしさがあふれる古民家再生2週間目でした。




いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

後編☆満員御礼の「美肌ランチ女子会」レポート

フルーツトマトの冷製カッペリーニ アボカドのせ前編の続きです。

パスタは 「フルーツトマトの冷製カッペリーニ アボカドのせ
                 〜トマト力に食べる美容液を添えて〜」

今回、ほとんどのお料理に、改めて注目されたトマトを使い、
トマトの力をたっぷりお伝えしました。

実は、長野県は、加工用トマトの生産量日本一!
そんなお話もしながら、みなさまに地元の野菜力を再発見していただきました。

信州マーブルポークの塩麹焼く クルミと栗のソース
そして、メインは、ソースが大絶賛された
「信州マーブルポークの塩麹焼き クルミと栗のソース
        〜発酵食品で腸美人に + 信州が誇る美肌ビタミン力〜」

クルミも長野県が生産量日本一!
何気なく、クルミ和えをよく作りますが、それは産地ゆえだったのです。

ということで、贅沢にクルミを使用。

マルサラ酒とフォンドボーで煮詰めたベースに、秋の香り・栗の甘みとクルミの食感が
アクセントになった絶品ソースでした!
寒天のパンナコッタとトマトジャム
デザートは「寒天のパンナコッタとトマトジャム
                  〜地元の宝で野菜スイーツ〜」

こちらは、若い世代を中心に圧倒的な人気でした。

諏訪地方が誇る寒天の魅力を再発見してもらえるデザートを!
というのが、私のこだわりだったので、嬉しかったです。

食物繊維が豊富で、低カロリーな寒天は、女性の強い味方!

プリプリした食感が定番ですが実は、ふわとろな食感にもできるのです。
パティシエの皆さまにご尽力いただき、実現しました。

上には、最後の最後までトマトを(笑)

トマトをジャムにして食べたのが初めてという方が多くて、
「家で再現したい!」「やみつきになる美味しさ!」と大人気でした。

約1時間半にわたってお届けした美味しい時間。
全員がアンケートにぎっしり答えてくださったことが本当に嬉しかった☆

●「食べきるのが大変!と思っていたけれど大切に食べたくなった」
(産地ならではの贅沢な悩みで、「食べきれない野菜をどうしたらいいの?」という相談を受けることが多かったので、保存術などをお伝えしたのです。)
●「聞いて味わうことで身体によい感じがした 身体が喜んでいる」
●「栄養素の話も聞け、有効な摂り方もわかり本当によかった」
●「周りの人に教えてあげたい」「家に帰ってすぐにやりたくなった」 

皆さまからの言葉は宝物です。

昨年、執筆に参加させていただいた「野菜の便利帳〜伝統野菜・全国名物マップ〜」
手にとっていただき、お持ちした分が完売!
野菜・果物たちのこと、もっと知りたい!と思っていただけた結果なのかなと思います。感謝。

ご参加くださった皆さま、
貴重な機会をくださり、全力でサポートしてくださった、主催「ミラノ・サローネ アネックス」の皆さま、
本当にありがとうございました!!!


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>
●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ