自己紹介も かねて もう少し 私のことを お伝えさせていただきます。


なぜ「野菜ジャーナリスト」なのか?

野菜果物のために わたしができること だからです

もともと 私は テレビ業界で 企画演出に携わっていました。
祖父の死をきっかけに「ひとりになってしまった祖母と過ごす時間を作りたい」、
その一心で 仕事を辞めました。

祖母との暮らしの中で 再会したのが お野菜果物たち。
祖母の家は 長野県の田舎にあります。
農家でなくても 自分で食べる野菜は 自分で作るのが ふつうな場所。
我が家にも 代々 大切に守ってきた畑があります。
祖母が もう 畑にたてなくなった今は 母と私で 畑を作り始めています。
1年 野菜果物たちの 成長を見つめて 
私たちと同じ生き物なんだ、と強く感じるようになりました。
きっと 家族を想う気持ちに近いと思います。

野菜果物の大切さに こうして気づいた私にしか できないことは何か?
考えた結果 もともとの伝える仕事を生かし あわせていくいう道が 自ずと開けました。

私の強みは 一時のブームや 好き嫌いの感情だけではないところです。
かけがえのない 家族に根ざした想いは 一生 揺らぐことはないし 止むことはありません。

「ジャーナリスト」という言葉の重さを受け止めながら
自分なりの「野菜ジャーナリスト像」にむかって精進したいと思います。

自己紹介三部作(笑)、次回は 「なぜ お野菜コミュニケーションなのか」編にて 完です


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村