今夜は 小正月の風物詩、道祖神火祭りです。
地域によって 呼び方が違うようですが、
長野の家の地域では「どんど焼き」(賽の神)と呼ばれています

どんど焼き 小屋田んぼに 薪などをピラミッドのように組み、
そこに注連飾りや書初めなどを持ち寄って焼きます。
その火で 焼いた餅を食べたりすることで 
五穀豊穣、家内安全、無病息災を祈願します

お盆の送り火のように 
歳神様を炎と共に お送りする意味もあるそうです。

詳しくは わかりませんが、
うちの地域では 火がついて 辺りが明るくなった頃に
厄年の人が 厄払いのために みかんや お金、お菓子を投げます。

それを 本厄の私は やるわけです

まずは 近所のおばちゃんと 繭玉だんご作り繭玉だんご

昔、養蚕の繁栄を祈願して 
繭の形を模しただんごを 柳の木につけたことが始まり。
我が家も 母が子供のころは、養蚕をやっていました。

米粉を練り、蒸した後、形作って、柳にさします。
餅好きな私には これをいただくのが 何よりの楽しみ


夜につづく・・・

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村