茨城レンコンたち。
先週、仲良くしていただいているタナカトウコ教授
「レンコン*タベルParty」に行って参りました

露地の季節の終わりですが、まだまだレンコンLOVEな私
今シーズンは どれだけレンコンを食べたことか。
そんな私ですが、またひとつ 知らなかったレンコンの顔に出逢いました

それは 薬膳の視点
地下茎であるレンコンだけでなく、実(種)から葉っぱ、お花まで みーんな食べられるのが特徴。
今回は それぞれの役割を教えていただき ふむふむ。

そもそも 薬膳とは 食べもので体を整えていく考え方。

日頃 大切にしている「その土地で育まれた旬の野菜果物をいただく」ということと
つながっている視点
なので 私の知的好奇心スイッチが完全にスパーク(笑)

漢方では 食べものの特性をみるとき  
五味(食材の味)                酸 苦 甘 辛 鹹(かん)
五性(食材が体をあたためるか 冷やすか) 寒 涼 平 温 熱
帰経(食材が体のどこに効くのか)      肝 心 脾(ひ) 肺 腎
で あらわすそうです。

ちなみに レンコンくんは 生のときと加熱したときとで 性格が変わる珍しい存在だそうです。
すごーく奥が深いので 特徴的な役割だけお伝えすると
生・・・   体の渇きを潤してくれる
加熱・・・ 胃と腎臓を整えてくれる


蓮の実★蓮の実
   収渋薬⇒出すぎているものを止めてくれる ex.下痢 多汗など

★蓮の花(蓮花茶)
   鎮静、利尿、老廃物を排泄し 肌を美しく保ってくれる

★蓮の葉
   清熱解暑薬⇒夏バテに

おこわ仕上げは 薬膳レシピの紹介と試食

冷え性&ストレス多めの方に 
「ほっこり蓮の実おこわ」



ふんわり蓮根シューマイ潤い不足&食欲不振の方に 
「ふんわり蓮根シューマイ」


蓮根きなこ餅
美肌に 
「ぷるぷる蓮根きなこ餅」


中華風マリネと 丸煮も登場し 
レンコンのフルコース

トウコ教授のレッスンのすてきなところは ゆるーく しっかり学べるところ
終わったあとに 「がんばっちゃった」感がないんです。

やっぱり 日々 楽しく続けられるペースがいいなぁと 改めて ほっこり感じたのでした


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村