週末、有楽町をふらふら歩いていたら 活気あふれる人だかりを発見

交通会館にマルシェがオープンしていました その名も 「交通会館マルシェ」

5月1日のオープン前のプレオープンだったようです。
交通会館は アンテナショップ集中地帯なので 食材お買い物モードな方が 
意外に多い立地かもしれませんね。

それにしても「都心のどの街を歩いても マルシェがある時代になってきたなぁ…」と思っていたら
馴染みの顔がいばらき産地直売

マルシェ・ジャポンつくば
のときのお仲間が 
茨城の野菜をつれてやってきていました

大好きな 武井さん家のレンコンやクレソン、セリ、 
県内でもなかなか手に入らない「たっしゃか村」のいちごなどなど…

いちごどれも スタッフの方が 
農家さんのところで自ら収穫してきたのだそうです。

あまりの嬉しさに思わず 野菜のPRをしてしまいました(笑)
買って下さったみなさま ありがとうございます☆

もう いちごたちは 終わりの季節だったりするので
「いばらき産地直売」は 
食べていただけるものがあるときだけ出店されるそうです。
そんな ゆるーいスタンスも すてきです

日本に100頭しかいない幻の最高級豚肉「梅山豚」を森林放牧で飼育、製造販売していらっしゃる
塚原牧場さんもいらっしゃっていました

私が係っていた「地球号食堂」の記念すべき第1回でも紹介された 環境にもやさしい牧場です。

茨城って おいしい野菜も 果物も お肉にも恵まれていて 本当に豊かな土地だなぁと改めて
こうやって 食べものを通して 生まれ育った土地を誇りに思えるって しあわせです


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村