6月26日、27日に
熱海で 全国青果物商業協同組合連合会の全国大会・記念式典・懇親会が開催されました

青果商全国大会私は、農経新聞スタッフ及び野菜ソムリエとして
参加させていただきました。
(しかも そうそうたるお名前と並び、来賓として。
 八百屋さんでないため、それだけのことですが笑)

全国から 250人近い八百屋のおじさまが集結
野菜パワーあふれる おじさまが 一堂に会すると ものすごいエネルギーです

もちろん そのような空間は初めてで、はじめは圧倒されましたが、
八百屋さんの生の声にふれることができ、大変有意義な時間でした

2日目の研究討議会では 
八百屋の現状、これからの課題について 基調講演や意見交換がされました。

基調講演では 農経新聞社長の宮澤氏より
「これからの八百屋の生き残り策」と題し、提言がなされました。

中でも印象に残ったのは「増え続ける直売所を敵視する時代ではない」ということば
直売所への納品、特定農家とタイアップしての直売所的な機能、など
柔軟な時代への対応が必要なのでは?とのことでした。

その後の討論会では「八百屋の進むべき方法」をテーマにディスカッション。
立地差によって 課題や対策も異なり、一筋縄ではいかない現状を改めて実感しました。

しかし、こうやって 全国の青果商が情報をシェアすることで 似た地域構造の成功例を学ぶ、
失敗例に学ぶことができ、前進するパワーとなるのだと感じました

私ごととしては、野菜の匠である八百屋さんの前で
野菜ソムリエ衣装は ちょっと恐縮なのですが、想像以上に温かく迎え入れていただき、感謝

野菜ソムリエの「最強の素人」としての発想
匠の長年の知識とのコラボの意義を改めて感じることもできました。

八百屋さんたちによって 掲げられたスローガンや課題解決の実現を ご祈念し、
来年、富山で開催される大会を楽しみにしたいと思います


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村