豆種菌今年に入ってから 発酵食堂「豆種菌」
発酵について学ばせていただいています

食に係るようになって、現在95歳で元気な
祖母の食事に発酵食品が多い
ことに気付いたり、
こだわりのお酢屋さんなど発酵に係る方々との出逢いだったり、
発酵と人生を重ねた本との出逢いだったり、味噌作りをしたり・・・

発酵には ご縁があったのですが、学ばせていただくようになって、
ますます魅せられてしまいました

果物サワー
「豆種菌」がいいのは料理のプロから発酵の実践を学べるところ。
調理アプローチが多彩なので 楽しくて美味しい
(一般の方向けには 現在、
 味噌づくりや醤油づくり教室などが定期開催されています)

数か月後には 私、発酵と野菜果物をテーマに講座をしていそうなハマリようです(笑)

さてさて、先日のテーマは 「野菜の発酵」でした
発酵の基本を理解したうえで、野菜の特徴にあわせた漬床を組み合わせていきます

「野菜の発酵」教室中
昆布酵母+醤油しぼりカスで「煮びたし」
生甘酒で「べったら漬け」「しょうが漬け」
玄米味噌と生甘酒で 豆腐とこんにゃくを漬け
醤(ひしお)で 甘い「雪の下にんじん漬け」を・・・

りんご×生甘酒中でも 気に行ったのは 
果物を生甘酒に漬けてつくる「甘酒スイーツ」
なんてったって生甘酒に果物を漬けるだけ。

りんごは 冷蔵庫で冷やして、和え物風にしていただきました。
見た目は 和風だけれど、味はしっかりスイーツです。

そして、発酵先生からオススメいただいて作ったのは、
キウイや桃、ぶどうなど水分の出やすい柔らかい果物を漬け、凍らせたシャーベット

甘酒シャーベット甘酒スイーツは 漬床ごといただくので、床に
果物のエキスがしみだせばしみ出すほど美味しくなる
のです

サングリアに似た発想かも。

麹が醸す甘さだけで まったく砂糖を使っていないのに、
果物が甘酸っぱく感じるくらいの甘さ。


これは町おこしできそうなほどのパワーを秘めたアイデアだと思います

あっ、大ブーム中の「甘酒」について来月詳しく学んでから書きますね。
今年は 「発酵ガール」を流行らせたいと思います(笑)


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村