「アブラナ科を極める」ワークショップ「アブラナ科を極める〜愛知の冬のめぐみを知って味わう〜」
というワークショップで 冬の愛知野菜の中でも 
アブラナ科のキャベツ、ブロッコリー
を中心に
美味しいインプットをしてきました

キャベツだけで10種が集合

キャベツは「キャベツ」として売られているので
なかなか知る機会がありませんが、
こうして並べてみると、色、巻き具合、固さ・・・
ひとつひとつ個性があります

愛知県は 野菜と花の生産が盛んな園芸王国。
中でも キャベツは日本一の生産量を誇るのだそうです

野菜ソムリエならではの切り口、キャベツの食べ比べは、なんと6種類も

キャベツ食べ比べ冬系→ふゆき・輝風・秋よし2号 春系→福春・さちぞら・さちはる 
それぞれを生と蒸で、プラスおまけの2品種(春岬、ハニーキャベツ)
というラインナップでした。

内側と外側の味の違いも感じるために、ひとつひとつが 
この大きさで14個いただいたので、キャベツだけで満腹でした(汗)

冬の寒さで甘みが増していたのですが、その甘さにも 白砂糖のようなストレートな甘さもあれば、
和三盆のような柔らかな甘さ、トウモロコシのような甘さ、マメのような深みの甘さなど様々。

一番の発見は 私の好みは 「春系は蒸し、冬系は生」だったこと。
一般に 冬キャベツは しっかりしているから、煮込みや蒸し料理に向き、
春キャベツは みずみずしく柔らかいので、生がオススメと言われていますが、
その逆が好みだったのです。
そのままでも甘さ際立つ冬キャベツは そのままで味わいたい、
さわやかな春キャベツは 熱を加えて 甘さを凝縮したい、そう思いました。

イメージにとらわれずさまざまな調理法でいただくことで素材の魅力を再発見できるのですね

愛知県は いま 鳥インフルエンザで、緊張が続く日々かと思います。
風評にまどわされることなく、愛知県の恵みを美味しくいただくことで
応援させていただきたいと思います。



いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村