発酵食堂「豆種菌」の発酵教室「醤油教室」に参加してきました

豆種菌で定期開催されていて、ほかに甘酒教室や納豆教室、味噌教室もあります。
どれも 11時スタートで基礎の座学、実習、
希望者はランチ会で学んだ発酵食品を中心としたコースを楽しめるという充実ぶり

醤油教室醤油教室は、平日にも係らず 満員御礼のにぎわい

漢方やローフードにも興味のある体の中からキレイを願う女性、
健康意識の高いシニア層など 
食リテラシーの高い方々が集まっていました。

醤油の材料醤油の材料は これだけ

●浸漬(しんせき)し、蒸煮(じょうしゃ)した大豆&
 焙煎し割砕した麦に種菌を繁殖させてできる醤油麹、
●1.2倍の水、
●塩

造り方も簡単。
シャカシャカしてよく塩を水に溶かし、そこに醤油麹を浸すだけ。
ものの5分で終わってしまいました。

私たちが決められたのは 絞る時期。
塩分濃度で熟成スピードの調整が大まかにできるのです。

「できれば、酵母が喜ぶ夏を越し、1年くらいは 熟成してほしい」、という
発酵先生の言葉に約1年 待つことを決断(涙)年末まで 長いお付き合いの始まりです。

週に1回のお手入れ「櫂入れ(かいいれ)」を 重ねていきます。
その時間が何より大切なのだそう。

文字通り、私の手加減で、私味の醤油が出来上がるわけです。
野菜をより美味しくしてくれる魔法の調味料を想い、約1年、「待つ」を味わいたいと思います


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村