いよいよ NHK学園の講座が明後日21日に迫ってまいりました
槇原敬之の「林檎の花」を聴きながら最終準備をしています

受講生の皆さまをお迎えするウェルカムソングとして教室でも流したいと思っています。
りんごの花は 青森県の花ですから。

photo178956JR東日本、東北新幹線のCMソングとしておなじみの曲

5月の空の青と 萌える緑の間に 
          薄紅色の小さな林檎の花が咲いている 

というフレーズで始まります。
(3月のCD発売に先行して ダウンロードできますよ。)
【写真:インターネット新聞JanJan】

最後まで聞くとわかりますが、林檎の花と 誰かを想う恋を重ねた切ないラブソングです

ご本人は「新青森駅に新幹線が開業するまでの日々が流れていく今回のCMに、
『林檎の花』が『林檎の実』になるまでの感じを重ね合わせ」たと語っておられますが、私には、
林檎の実をならすために、
春にその命を摘まれてしまう儚い花の命を重ねたように感じられます。


最後のフレーズが 本当に 切なくて 泣けてきます。

「誰かを想う気持ちで 僕らは生きているんだ
  あの子の隣じゃなくても ほんとに うれしそうな君の頬は 林檎の花を同じ薄紅色
  誰かを想う気持ちで いつか 愛が実る」

中学生の頃から マッキ―が大好きだった私(ライブで ピーピー泣いていました。)
こんな形で 大切な場で使わせていただくことになるとは
ますます 大切な気持ちを重ねて 講師をさせていただきます

お越しくださる皆さま お気をつけて☆
(食材の準備がありますので、お申込みは前日までとさせていただいております。)


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村