「さんやそう」のおやき
信州出身の我が家にとって「おやき」は馴染みある食べ物ですが、
「おいしい!」と思わず声をあげてしまうほど感動したのが、
長野市の善光寺門前「門前農館」のおやきです。

「さんやそう」のお母さんたちが作るおやきなのですが、
具がぎっしり、というより、具を薄皮で包んでいる感じで、
またその皮が むっちむち。

具のバリエーションが豊富なのですが、中でも 
私が大ファンになるきっかけとなったおやきは「辛大根」 ↓

辛大根のおやき@門前農館「さんやそう」やさしい味で煮込まれた大根に甘辛味噌をはさんだ「辛大根」の
旨味がじゅわっとあふれるおやきです。

昨年夏、初めて出逢ったとき、
あまりの美味しさに3個くらい食べました(笑) 

さらに 「さんやそう」社長・芳川さんともたくさんお話させていただき、ますますファンに。

ひとつのテーブルでつながる@門前農館そうそう、お店の真ん中に 大きなテーブルがあって、
そこでお茶をいただきながら
買ったおやきやお惣菜をいただけるようになっているんです。
(左の写真は 昨年夏撮影)

あえて大きなテーブルひとつにしているのは、
そこで出逢いの輪が広がって欲しいとの想いから。
現に 私もひとりでしたが、そこで 芳川さんはじめ、取材に来ていた農業普及員の方など
どんどん ご縁が広がったのでした。

そして今回は、久々にお仕事で長野市に伺うとあって、何がなんでも再訪すると決めていました。

「さんやそう」芳川社長とすると、お店に向かう途中のSBC放送前広場で開催されていた
「ザ・ぎんわ にぎわい市」というマルシェでばったり芳川さんと再会!

毎週火曜日に開催されている「にぎわい市」に
いつも出展されているのだそうです。
(冬季は休業で11月29日まで。来年5月上旬から再開予定。) 

ちらし私が愛してやまない「辛大根のおやき」は やはり一番人気だそう。
さらに こんなかわいい注文用チラシまでできていました。
駅の売店でも売っていましたし、ひっぱりだこのようです。

今日は、芳川さんオススメの「マコモダケ」と
「ほうれん草の白和え」おやきもトライ。

「ほうれん草の白和え」おやきは 
「信州おやき協議会」のコンテストで大賞をとったレシピで
信州ならではの くるみ味噌が決め手。

今月末まで、協議会加盟店で 販売されているのだそうですよ。
長野市に行かれた際は 要チェックです。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>