私が幹事を務めさせていただいております食生活ジャーナリストの会(JFJ)では、
年間を通して、さまざまな勉強会を主催して参りおりますが、
年に一度、大きな公開シンポジウムも開催しております。

今年度は来月2月18日(土)、
「安全と安心の狭間(はざま)
〜安全でも安心できない消費者の心理と風評被害について〜」
がテーマです。
(場所:東京ウィメンズプラザ(B1)ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)

昨年3月11日の地震以来、ますます私たちが考えることとなった食品の安全。
私たちはなぜ「安全情報」から「安心」を得ることができないのでしょうか?

パネリストには
社会心理学者の中谷内一也さん(同志社大学心理学部教授)、
マスメディアの立場からは科学ライターの松永和紀さん、
消費者代表として浦郷由季さん(コープかながわ 組合員理事・ユーコープ事業連合 組合員理事)を
お迎えします。

市民、企業、行政、ジャーナリスト…それぞれ立場の異なる人たちが問題を共有し、
「災害からの復興のために、今、何をすべきか」をいっしょに考える場にしたいと思います。

勉強会は平日開催のため、来られない方も多かったようですが
シンポジウムは週末開催ですので、ぜひふるってご参加ください。

事前の申し込みが必要です。

平成24年1月31日(火)までに、必要事項(名前、ふりがな、所属、住所、TEL&FAX、メールアドレス)を明記のうえ、食生活ジャーナリストの会事務局まで、FAXまたはメールにてお申し込みください。
メール jfj-shoku@t-net.ne.jp
FAX 042-554-3887


*シンポジウム当日は名刺をお持ちの方は、ご持参ください。
*場所など詳細は下記のアドレスでもご確認いただけます。
 http://www.jfj-net.com/2421


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>