アレッタ農経新聞の取材で伺った「品種見本市」@川崎北部市場で
久々に お気に入りの新顔お野菜と出逢いました。

ブロッコリーとケールを組み合わせて出来た
新顔野菜「アレッタ」です。(種苗会社は三重県津市「ナコス」)
農経新聞記事
農薬登録上「なばな」とされているので
「なばな」としてはもちろん、葉も茎も蕾も
ぜーんぶ美味しくいただけるのが特徴。

(詳しくは 写真をクリックしてください。記事が読めますよ。)

アレッタ鉢植え




通常は、「なばな」として、側枝を摘んで出荷しているのですが、
上の部分(頂花蕾+側枝)もそのまんま丸ごと出荷しよう!
という提案も。

(このディスプレイ鉢でいう、中心部。
あくまでディスプレイなのでかなり大きく育っていますが・・・)

蕾の部分は、ブロッコリーに近い風味、
葉の部分はどちらかというとキャベツに近い風味・・・

いろんな美味しさが楽しめて、それぞれの特徴を活かしがいがあります。
解体するのも楽しいー!

アレッタ葉の炒めもの私は、葉の炒めものが特にお気に入り。

とにかく色が美しい!へたらない
(ここはケールのよさを受け継いでいる気がします。)

見た目通り、歯ごたえもしっかり残り、
へたらないので絵になる!

大規模なレストランさんだと手間かもしれませんが、
素材にこだわるオーナーシェフの方とかは興味示されそうな気がします。

もう、次のシーズンになっちゃいますが、もっと作ってくださる農家さん増えないかしら・・・

あまり手がかからないし、ケールのパワーで虫もつきにくいそうなので、
我が家の「なつはな畑」でも育ててみたいと思います。(ちゃっかり種をいただいてきた(笑))


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>