GWのお花見を楽しんだ後は いよいよ2012年の「なつはな畑」開きです。

まずは 小さな三角の畑の畝づくりから。
我が家は レトロなやり方で、苦土石灰をまいた後の土を鍬でおこして畝をつくります。

毎年1度のことなので、カラダがなかなか覚えきってくれません。
私は また今年も母に指導をうけながらだったのですが、
助っ人してくださった「力仕事は任せろ!」という新戦力はセンス抜群!
初めてとは思えない鍬さばきで 次々と畝を作ってくださったので、あっという間に畑が整いました。

なつはな畑2012始まる「なつはな畑」のある茅野市の山浦は
まだまだ霜が降りる寒い地域なので、植えたのはジャガイモのみ。
デジマ、キタアカリ、シンシアが主力です。

あとは、豆類のためのマルチ貼り。

これも機械ではなく、高畝を作って、手でコロコロ貼りながら両端を埋めていきます。
このアナログ感は 家庭菜園ならではの楽しさです。

「いきなり頑張りすぎない」ことも 「なつはな畑」のルール。

山菜の宝庫その後は のんびりとお夕飯のおかずになる山菜を調達しました。
山に近い畑の周りは 山菜の宝庫なんです。

畑暮らしも3年たつと、だいぶ目が慣れてきて、
美味しいものを見分けられるように。
(初めての頃は ニラと雑草の違いすらわからなかった・・・(笑))

「かっぱの湯」で汗を流した後、
コゴミ、ウド、アスパラたちは、天ぷらにして、
蕎麦のお供でいただきました。

のんびり しあわせなGWに感謝。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>