お盆で信州に帰ってきています。

夏野菜のキュウリとナスで精霊馬(しょうりょうま)を作り、ご先祖さまをお迎えしました。

キュウリの馬 ナスの牛共に、ご先祖さまの乗り物とされています。

馬に見立てられたキュウリは、お迎えの乗り物で、
急いで帰ってきてもらえるように。
牛に見立てられたナスは、帰りの乗り物で、
帰りはゆっくり帰って欲しいという想いが込められています。

我が家では、馬と牛の足は、裏庭にある「ユウスゲ」という花の茎を使います。
手に入らないところでは、割り箸などで代用するようですね。
ユウスゲの箸
今回初めて知りましたが、お供えする食事のお箸も 
ユウスゲで作ったもの(切りそろえたもの)を添えます。
食欲が湧きそうな爽やかさです。

昔の当たり前が どんどん当たり前でなくなっている今、
変わらず続けられることに感謝するお盆です。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>