古民家再生2週間着工から約2週間後の9月中旬、打ち合わせのため、信州に帰省。
(はじまりの日はこちら。)

愛しの古民家は、基礎工事が着々と進んでいました。

差筋アンカーと呼ばれる金属棒を何百本も土台に打ち込んで
補強してからコンクリートで固めるのだそうです。
記録魔の私に、仕事をしながら現場の方が説明してくださいました(笑)感謝。

蚕のしょい籠庭に、びっくりするくらい巨大な籠があってビックリ!
天井裏から出てきたそうです。

1mくらいの深さがあり、抱えきれないほどの大きさ。

母は懐かしがって教えてくれました。
子供の頃は、家の中でお蚕さんをかっていて、
蚕にあげる桑の葉を摘んでいれるための籠だったのだそうです。
使わなくなったので、屋根裏に置いたのではないかと。

カワイイトマト星人?!

畑では、名残の夏野菜が盛り。
トマト、ナス、紫蘇の実など わんさか収穫しました。

トマトの中に こんな個性的な 宇宙人みたいな子がいました。
何があったのでしょう?
虫に刺されたのかしら?
分かる方、教えてください(笑)

下の家のおばちゃんと枝豆

下の家のおばあちゃんは、
家の横を流れている小川で枝豆をワイルドに洗っていました。

昔は こうやって 小川を活用するのが 日々のことだったのでしょう。

懐かしさがあふれる古民家再生2週間目でした。




いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>