このところ、ご縁あって 文京区の茗荷谷(みょうがだに)に伺うことが多い今日このごろ。

電車の中で、「美味しそうな駅の名前ねぇ。なにかミョウガと関係あるのかしら」
と話す方がいらっしゃいました。

茗荷谷そうなんです、関係あるんです(笑)

駅からほど近い 拓殖大学正門近くに 
ミョウガに囲まれた碑があります。

現在、小日向となっている地区は、以前、
ミョウガの栽培をする畑が多く、それが所以で
「茗荷谷町」と言われていたのだそうです。

ちなみに、その前を通る坂は「茗荷坂」。

みょうがの花一方、先日、我が家で常温に置いていたミョウガは
可憐な花を咲かせました。

いや、正確には、早く食べてあげなかったので
咲いてしまった・・・と言うべくなのかもしれませんが、
あまりにキレイなので、しばし見とれ、撮影してからいただきました。

野菜は、生きているから、こうやって時々、
私たちをビックリさせてくれます。
だから、やめられないんですよね。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>