取材で入らせていただいている「郷土料理伝承学校」。
校長であるフードジャーナリスト向笠千恵子さん監修のもと、
生産者、流通業者、料理人などを講師に迎え、
日本各地の農山漁村に受け継がれている食文化について多面的に学ぶカリキュラムです。

下仁田葱第2回目は、本場・下仁田町の下仁田葱生産者
下仁田ファーム小金沢農園の小金沢章文氏をお迎えしての講義。

わざわざ「本場」と書いたのは、下仁田葱は品種名のため、
下仁田で育ったものでなくても、そう呼ばれているのが現状です。

本当の下仁田葱というのは、下仁田町の石のように堅い土で育ち、
2回の植え替えを経て15ヶ月がかり栽培された、とても手間暇かけられた葱のこと。
ゆえに高級葱の代名詞となったのです。

今では、早取りすることがほとんどで、昔ながらの作り方をしているところは、
下仁田の中でも、馬山地区の100件弱の生産者さんに限られているのだそう。
そのため契約販売で完売しており、本場の下仁田葱は、ほとんど流通していないのが現状だとか。
(「下仁田葱の会」が発足され、認定されたものは専用箱で販売されているそうです。)

下仁田葱料理もちろん、食べて学ばせていただきました。
試食であっても盛りつけまで、ぬかりないのが
この学校のすごいところ。

まずは、ねぎの旨味を油通しして閉じ込めた後に、
備長炭で焼いた一品をいただきました。
(この日は、伊勢崎市の予約制レストラン「COSIMO LORENZO」の竹澤シェフが調理。)

下仁田葱が本当に美味しくなるのは、何度か霜にあたった12月〜1月なので、
まだ、りんごで言えば、青りんごの状態だそうですが、あの、とろーりとした旨みは健在。
炭のようになっている部分まで、甘く、一体となった美味しさにビックリしました。

でも、ならば、やっぱりいちばん美味しい季節に食べたい、
下仁田葱が育つ地を感じたい、と強く願いながらいただいていたら・・・
ご縁あって、12月に伺えることにー!!!願ったら叶った!しかも瞬時に(笑)

産地からのレポートもお楽しみに☆彡


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>