6月はじめのことですが、
大好きな久松農園の見学会に初めて参加させていただきました。

久松農園見学会宅配ボックスなどを定期購入しているお客さまを対象に
年に数回、開催されているもので、
自分たちがふだん食べている野菜の育ちに触れたり、
何より、生産者さんたちと会話できるチャンスとあって、アンテナの高い
すてきな方々で満員御礼のにぎわいでした。

今や講演などでもひっぱりだこ、9月には新書の上梓が決まっている
久松氏自ら、解りやすく、かつウィットに富んだトークで畑を案内してくれました。

笑顔すらコワイし、語り口も時には過激だけれど、とてつもなく愛のある方なので
食わず嫌いはもったいない人材です(笑)
(私自身そうでした。実家が近いにも関わらず、コワくてしばらく避けてましたから(笑))

カボチャ畑ナス畑×麦マルチ






↑「へー」と心を奪われた景色は、
ナスの周りをやんわり包むように繁る麦のある畑。


↑カボチャ畑では、カボチャのじゅうたんのように すくすくと育っていました。
これは、リビングマルチとして栽培しているのだそう。
この麦たちが、天敵害虫のすみかになったり、雑草を防げたり、暑くなると自然に枯れてくれたり、
色んないいことがあるそうですが、何より、見た目が涼しげでステキ☆

エッジのきいた品種を多く育てているのかと思いきや、
味がよくて、かつ見た目は馴染みのある、選び抜かれた品種が中心。
これについては音楽に例え、「ジャズではなく、ポップでいたいから」とまた名言(笑)

ズッキーニブレッド見学の後は、農場長のユキちゃんが作ってくれた
ランチをいただきながらの交流会。

ちょうどズッキーニが旬まっただ中だったこともあり、
贅沢なズッキーニ使いの料理たちが記憶に刻まれています。

ズッキーニをすりおろして使ったカレー、
デザートのひとつ「ズッキーニブレッド」・・・
野菜自体をメニュースタンドにしてしまうアイデアもスゴイっ!
これぞ農業女子力!

何度も久松農園は訪れていますが、
この日のように、他の方々とご一緒させていただいたのは初めて。

会いたかった方、初めましての方、いろんな方とつながることができ、
とても有意義なひとときを過ごさせていただきました。

食の価値観が合う人とは やっぱり心が通じる。それを再確認できた時間でした。

いろんな交流会あれど、食べている野菜が同じ方々との交流会、
本質をついた交流会の形かもしれません。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>