12月14日
山梨県市川三郷町大塚地区で開催された「2013のっぷい大塚にんじん収穫祭」に参加してきました。

数年前、「大塚にんじん」復活に力をいれていらっしゃるジュニア野菜ソムリエの芦沢さんと出逢ったことを
きっかけで知って以来、念願叶っての訪問でした。
(偶然、前夜に甲府市内でお仕事をいただいていたので、まさに呼ばれた感じでした。)

「大塚にんじん」は、市川三郷町大塚地区の「のっぷい」と呼ばれる、八ヶ岳の火山灰が堆積した
きめ細かい、やわらかな土で育てられてきた大長にんじん。
長いものでは、1mにもなります。

品評会
これは品評会に出された選ばれし「大塚にんじん」たち。
まさに「ミス大塚にんじん」。すらりと美しい出で立ちです。

この日は全国的に天気が荒れていたようですが、雲一つない抜けるような青空。
会場となった「みたまの湯」は見晴らしのよさで有名な場所で、甲府盆地が一望できました。
眺め
空が近くて広かったー!

会場には軽トラ市がずらり。(向かい合うように写真の右側にもひろがっていました。)
もちろん、全ての荷台で「大塚にんじん」を販売しているわけで、すごい迫力でした。
軽トラ市

さてさて、まずは腹ごしらえ。
整理券をもっている人のみいただける無料頒布の「にんじんめし」と味噌汁をいただきました。
ごはん
生でいただくと、ニンジンの葉を思わせるほど濃厚なセリ科の薫り、ポリポリと爽快な食感が印象的なのですが
加熱された「大塚にんじん」は、甘みが一気に凝縮され、何より、まぶしいほどの色鮮やかさ!

こちらは整理券をゲットできなかった「大塚にんじんのうまーい丼」
うまーい丼
あまりの美しさに、お願いして写真だけ撮らせていただきました。
これはもう芸術の域でしょう!

芦沢さんも関わっていらっしゃるプロジェクトで開発され、お披露目されていたゼリー。
ゼリー
特徴が伝わりやすいシールがキュートでいいですね。

つづく後編では、収穫体験の模様をレポートします!


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>