数年前から野菜の勉強をさせていただいている「野菜の学校」。
ここ数年は、「日本の伝統野菜・地方野菜」がテーマで、毎月、ひとつの地域を取り上げ、
ゲスト講師の講義、調理栄養についてのレクチャー、市場動向、テーマ野菜にまつわる食べ比べを行います。
私が伝統野菜への知識を深めるきっかけをくださった場でもあります。
(野菜のプロたちも多数出席されるので、本当に勉強になります)

昨年はほとんど出席できなかったのですが、2014年最初のテーマは「能登野菜」!
ちょうど昨年の今ごろ、仕事で呼んでいただいた思い入れのある地域なので、(その時の記事は こちら
ご縁を感じて久々に参加させていただきました。
野菜の学校・能登

講義をしてくださったのは、新聞記者やTVプロデューサーを経て、現在
金沢大学地域連携推進センター特任教授として、
「能登半島の里山里海から持続可能な未来を創ろう」をテーマに活動されている宇野文夫氏。
能登の郷土料理のレシピを収集してデータベース化するなど
地域の食文化発掘にも関わっていらっしゃいます。

興味深かったお話をいくつか。
★能登と加賀の野菜の特徴は、魚とのコラボレーション
能登であがった寒ブリと、青カブラからなる「かぶらずし」、「ぶりだいこん」のように、
地元の野菜と魚がおりなす味覚が多い。
それは、漁港と畑が近い地形が大きく影響しているのだと説明くださりました。

★まつたけ食べ放題の豊かすぎる学食
金沢大学・能登学舎は廃校を利活用した拠点で、地域のNPOが運営する学食がある。その名は
「この辺りで採れる物」を意味する方言「へんざいもん」。
まさに辺りでは、まつたけがたくさん採れるそうで、秋にはまつたけご飯が食べ放題なのだそう!

★なぜ「能登はやさしや土までも」なのか?
2009年にユネスコ無形文化遺産に登録された農耕儀礼「あえのこと」(=ごちそうでもてなす祭り)が能登の人々の「もてなしの心」の原点。田の神さまをお迎えする、この農耕儀礼の精神が、よく能登を表現する言葉として用いられる「能登はやさしや土までも」につながっていると。

でも、なぜ特筆するほどのもてなしが受け継がれているのか、気になっていました。
その理由がわかったのが、講義を受けてのいちばんの収穫でした。
「田の神さま」は稲穂で目をついてしまったがために目が不自由だとされているそうで、
それゆえに、料理をひとつひとつ声に出して説明したり、温かなもてなしをしてきたのだそう。
なるほどー、と私の中で、ストンとおちました。

2011年には日本で初めて世界農業遺産にも認定された能登の深さに触れることができた時間でした。
食べ比べでも 大きな発見があったので、それはまた次の記事で。

【おまけ】
新年最初の会ということで、お着物でいらっしゃった方の帯が粋すぎて話題に。
帯
江戸時代に活躍した伊藤若冲の「菜蟲譜」を模写してもらったのだそうです。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>