1月末のことでしたが、野菜ソムリエ界の食通・上原恭子さんに
とっておきのレストランに連れて行っていただきました。
オステリアアルコ前菜

神山町にある隠れ家イタリアン「オステリアアルコ」。

岡田シェフの、とてつもない探求心が心地よい極上の空間で、
私にとっても、何度でも来たい「とっておき」のイタリアンになりました。

おまかせコースで7皿いただいた中から特に心に残るお料理を。

くしくも炭水化物系の2皿が続きますが、まずは
黒トリュフのパスタ。
トリュフパスタ

これまでの人生でいちばん感動したトリュフな一皿でした。見ての通り、パスタが見えないくらい!
食べる前から薫り、口に入れたらもう、とろけそうなくらいの口福感でした。
白トリュフの季節にまた食べに行くことをもう決めました。

7年熟成のカルナローリ米を使用したジビエリゾット。
リゾット

初めて知ったのですが、リゾットのためのお米があるのですね。
1年ものと比べると、水分が抜けた分、一回りくらい小さく感じます。
熟成を重ねることで、より出汁や素材の旨みを吸収してくれるようになるのだそうです。
リゾット米

いただいてみて納得。
何事にもその道のプロがいるように、
料理に適した食材を、腕のある料理人が仕上げるとこうなるのかぁ・・・と唸るばかりでした。
食感がしっかり残っていて、それでいてふんわり、ジュワッと旨みがあふれ出てくるカプセルのよう。
リゾットを見る目が変わりました(笑)

最後は「べっぴんグリーンレモン」のソルベ。
ぺっぴんレモンのソルベ

野菜ソムリエやシェフの間で話題の、上杉さんのレモンをメインにしたデザート。

私は、濃厚なデザートが好きなので、あまりソルベは選ばないのですが、
これまたソルベのイメージががらりと変わるくらいの美味しさ!
弾ける薫りを受け止めるために、ふつうは使わない卵黄を使ったそうで、
上品で軽やかなクリームをレモンの薫りと酸味が優しく包み込んでいるよう・・・

ステキな出逢い、これからのワクワクなお話の打ち合わせもあり、
幸せな時間でした!ありがとうございました。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村