観劇は、その場に立つ方々の血のにじみ出るような努力と気迫を感じられる貴重な時間。
特に、日本が誇る伝統芸能には触れたい、とより一層思うようになったので、
今年は大好きな市川猿之助さんの歌舞伎、立川志の輔さんの落語はできる限り、
足を運ぼうと年初に決めたのでした。

超人気なお二人のチケットを手に入れるのも大変なことなのですが、願いは言葉にすると叶うもの!
1月のとあるお仕事がきっかけで
市川右近さんの幼なじみでいらっしゃる元宝塚女優のサファイア玲子さんとご縁があり、
プラチナシートで、スーパー歌舞伎供淵札ンド)「空ヲ刻ム者」を観劇させていただきました。

sorawo_201403f

スーパー歌舞伎兇蓮歌舞伎と現代劇が融合した舞台であるスーパー歌舞伎を
四代目市川猿之助さんが受け継ぎ進化させたものです。

今回は、佐々木蔵之介さん、福士誠治(彼の三枚目役も最高だった!)、
浅野和之(強烈キャラクターの語り部)という現代劇の3役者も出演することで話題。

猿之助さん演じる仏師の十和(とわ)、
佐々木蔵之介さん演じる領主の息子・一馬(かずま)は、共に志を高く持ちながら、
葛藤し、道を誤りながらも懸命に生きることで自分らしい生き方を見つけていく・・・。

「才能」や「地位」を羨まれる人にも訪れる深い悩みや迷いを通して、
生きるということ自体を考えさせられる物語でした。

脚本が欲しいなぁと思うくらい名言の連続!(脚本演出は新進気鋭の劇作家・前川知大さん。)
笑い、泣き、そして何度も「わぁ!」「かっこいい!」と思わず声に出して大興奮しっぱなし!
(スーパー歌舞伎と言えば、の宙乗りは種明かしされていますが、
たたみかけるようなスペクタクルの連続!)

新年度を迎えようとする今、見ることができてよかった、
これからを考えている就職活動中の学生たちにもぜひ見てほしい、と思いました。

幕間には、プライベートでは初めての楽屋見舞い。
主人公・十和の人生を変える大役で、威厳ある姿を見せていた右近さんの
気さくな姿に触れさせていただきました。(顔はコワいままですが(笑))
10「空ヲ刻ム者」mini

数知れない稽古の努力と、才能と、本番強さと、メンタルと・・・すべてを持ち合わせていなければ
成しえないであろう完成度に、魅せられっぱなしの3時間半。

すがすがしいパワーをいただきました!
お仕事からつながったプラスレスなご縁に感謝☆


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村