昨年度最後の出張先は、10年来のお付き合いのある宮崎県五ヶ瀬町でした。

特産センター入り口で、地域の生産者さんの野菜直売を始めたところ、
うなぎのぼりの大人気で、観光の方はもちろん、地域の方が集う場としての
機能の活性化してきたとのこと。

五ヶ瀬のおみやげ販売コーナー、食堂も併設された特産センター入口という最強の立地を生かし、
直売コーナーをさらに発展させるためのアドバイザーとしてお招きいただき、
「農産物をめぐるトレンドと直売の可能性」と題して講演をいたしました。
五ヶ瀬プチ講演会

お伝えしたのは
野菜ジャーナリストとして全国を取材する中で、食べる側目線で印象に残った実例を
写真でご紹介しながら

●都心での現状
マルシェや、直売八百屋、体験型スーパーの登場についてなど
生活者が「コミュニケーションのある買い物時間を楽しむ時代になっている」状況をお伝え

●直売農産物は「生きる食の情報」
ますます食の情報基地として注目される直売所の可能性について、
地域らしさの表現の仕方、

●すぐ使えそうなアイデア
「食べる側に規格は関係ない」として、規格外に付加価値をつけて提案している事例、
(五ヶ瀬はシイタケの大産地なので、きのこ類を中心に)
「お金をいただける試食の仕方」などなど・・・

最後のトピックは、まさに「すぐ生かせる」ため、
講演後のプチ交流会でも 「さっそくやるわ!」「うちにはこんなものがあってね!}と
みなさん目を輝かせてお話くださり、その大反響が何より嬉しかったです。
五ヶ瀬プチ講演会2


出張中、2泊3日の工程では、五ヶ瀬を象徴する「農家民泊」を体験させていただいたり、
畑も数件視察させていただき、五ヶ瀬の農力をビシバシ感じてきました。
何より驚いたのは、とてつもない農のトップランナーたちがたくさんいらっしゃったこと。
五ヶ瀬の人間力すごいです!

それは、また別記事でご報告したいと思います。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村