食べ比べ
去る3月2日、国産柑橘が大好きな仲間と共に企画した
「国産柑橘Lover’s presents 『旬の『柑橘10種類食べ比べ祭り』を
満員御礼・大盛況のうちに開催いたしました。

今もまだ柑橘の旬は続いていますが、品種が数多く出揃うタイミングで、
レア品種を含む、10種類以上の柑橘を贅沢に食べ比べして、出逢いを楽しんでもらおうというもの。
さらに、野菜料理に定評のある「はな豆」さんの野菜料理ビュッフェ付という豪華企画でした。

ということで、昼の部、夜の部、ともに告知後、あっという間に満席をいただきました。
とくに午前の部は、大雨の中、みなさん予定通りご参加くださったお気持ちにも感謝感激(涙)

昼の部mini
      昼の部のみなさま
夜の部mini
     夜の部のみなさま

さてさて、イベントはまず、国産柑橘ラバーズからのご挨拶。
コープニュース編集主幹の田中さん、柑橘を手配くださったエコバイのひのださん、
「はな豆」の三原さん、そして私は、司会進行を務めさせていただきました。

当日食べ比べていただいたのは、以下の品種。(右上のデコポンから時計回りに)
柑橘食べ比べ祭り

デコポン(不知火) →清見×ポンカンの人気品種
山見阪ネーブル →福岡県独自品種。濃い紅色が鮮やか。
たまみ →皮が薄い国産オレンジ。
森田ポンカン →インド北部が原産地。
ゴールドクイン(天草) →天草で育成された品種。
ゴールドキング →人気の清見×デコポンという、いいところどりの新柑橘。
はるか →糸島市で突然変異した日向夏。きれいなレモン色とお尻のリングが特徴。
麗紅(れいこう)  →赤みがかった橙色が特徴。
土佐文旦 →独特のさわかな香りとプリプリした果肉。
スイートスプリング →上田温州みかん×八朔
あまぽん →福岡県で開発された早熟性柑橘の新品種。
小林柑 →希少なみかん。外皮は甘夏、果肉は温州のよう。
ブラッドオレンジ(タロッコ) →もちろん国産!写真センター。

参加者の方には、スペシャル食べ比べシートをお配り。
それぞれの印象を記入いただきながら、お気に入りをベスト3まで選んでいただきました。
(気になる結果は後編で)

食べ比べいただいている間、ひのださんから生産者さんのこと、柑橘の特徴なども解説。

実は、今回イベントを開催しようと思った背景には厳しい現実があります。
ご紹介した柑橘の生産者さんのほとんどが60〜80代の方で、後継者が決まっていない方が多数。
値段がつかないがゆえに、生産を諦めようとされている品種もあるのだそうです。

当初は、国産柑橘Lover’sメンバーで個人的に食べ比べをして楽しんでいたのですが、
ひとつひとつ個性あふれる柑橘たちにワクワクが止まらず、
午後から夜中まで柑橘トークが炸裂。
「私たちだけでとどめておくのは、もったいない!」
「この気持ちを広めて、生産者さんにフィードバックしよう!」
「微力でも、柑橘畑が残るきっかけになれば・・・!」
そんな気持ちから企画をしたのでした。

後編に続く・・・


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村