前編の続きです。

今回は、10種類以上の柑橘を一度に食べ比べできるレアなイベントとあって、
流通業界で柑橘をご専門にして30年という、柑橘界の大御所や、
柑橘の飲み物を開発されている食品会社の方など、プロの方にも多数ご参加いただき、
こちらも勉強させていただいた時間でした。

気になる食べ比べの人気投票結果は
1位は「はるか」 
2位は1票差で「山見阪ネーブル」  
3位 [「ゴールドキング」
はるか

注目したいのは1位に輝いた「はるか」(上写真)です。これは私たちにとって嬉しい結果でした。
というのも、黄色い見た目から酸っぱいのでは?と勘違いされてしまいがちで、
食わず嫌いされてしまう品種だから。
知ってもらうことが、やっぱり大切なんですね。

食べ比べで知って楽しんでいただいた後は、「はな豆」さんの野菜ビュッフェ。
柑橘と同じく、九州産の野菜を中心に調理いただきました。

食べ比べだけでもかなりの量だったのに、みなさんの食欲は全く衰えるところを知らず(笑)
特に人気で、多めに準備した分があっという間になくなってしまったのは、
福岡の春告げ野菜「つぼみ菜」。(写真が撮れていなくてスイマセン…)
初めて食べて大ファンになった方が多かったようです。
他に鮮やかな紫カリフラワー、ロマネスコ、アスパラ、パプリカなどを
お好みでピリ辛マヨネーズ、味噌、粗塩で。

カブの浅漬け
カブの浅漬けは 金柑と一緒に。

他に、はな豆の定番「トマトのレモン砂糖和え」
日向地鶏のチキン南蛮や、セロリのじゃこ炒め、里芋の煮物、福岡のこんにゃく、
かつお菜と油揚げの炒め煮、花豆の煮豆などなど。

ちらし寿司
〆はひな祭り前日ということで、ちらし寿司

そして、デザートには、どうしてもご紹介したかった「小林柑のはちみつがけ」。
小林柑

そのままでも十分美味しいのですが、生産者さんから、「はちみつがけにして食べてください」と
指定をいただいていたのでした。
もったいないからとまずはそのまま味わいましたが、仰る通りにしてみたら、
もー言葉にならない、とろける、まろやかな味わい☆
見た目もプルプル、とろーりとして、極上のスイーツになってしまうからビックリ。
さすが、育ての親は、子供の才能の生かし方を知っているんだなぁと感服したのでした。

夜の部は、さらにワンコインドリンク(アルコール)も。
ドリンク

柑橘入れ放題という太っ腹ぶりに、みなさんグラスいっぱい詰め込む詰め込む(笑)
私たち主催者は、みなさまをお送りした後、ブンタンハイボールで乾杯しましたが、
それはそれは贅沢な味わいでした。いつも読んでいただき ありがとうございます。

本イベントの会場でした「はな豆」さんは野菜たっぷりの家庭料理が楽しめるお店。
何人か、大好きな生産者さんをご紹介させていただいており、
私にとって、大好きな人の野菜が食べられる大切な場所です。

イベントでご紹介した柑橘をはじめ、九州の野菜果物を
お取り寄せできるのは、エコバイが運営するショップ「大和のちから」。

柑橘の旬の移り変わりは早いので、品種は異なりますが、(今は甘夏や八朔など定番品種が中心だそう)
その時期の美味しいものを紹介くださっているのでオススメですよ。

参加いただいたみなさんの笑顔、「また参加したい」という言葉が何よりのご褒美でした。
主催者冥利につきます。
急な開催だったにも関わらず、お集まりくださったみなさまに重ね重ね御礼申し上げます。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村