米
いよいよ今週末までとなった「コメ展」に行ってきました。

想像以上に深くて、多角的で、全身で楽しめて あっという間に2時間以上の時が・・・。
本当に言葉ひとつひとつまで選び抜かれた素晴らしいディレクションでした。

私が最も心をつかまれたのは 「コメの景」。
コメの景

「コメと光」「コメと水」「コメと色」「コメと花」「コメと菌」「コメと食」「コメと力」「コメと包」という
8つの視点からコメを見つめた展示。

とにかく言葉が美しくて、写経したいくらいでした。
長崎で片岡鶴太郎展に行った時も、鶴太郎さんの紡いだ言葉に動けなくなったし
最近、私は展示の場に添えられた言葉に惹かれることが続いています。


意外に当たっていて 大はしゃぎしたのが、「コメみくじ」。
コメみくじ
米偏の漢字の中から、直観で選んでスタンプを押すと、そのこころが。
最後に英語の解説も書かれたリストがあるので、それもチェックすることをオススメします。
なぜか英語を通して 言葉が深まります。

他に、映像を通して、能登の「あえのこと」を体感して 震える感動を覚えたり、
バーチャルでお米を炊いて、失敗して悔しくてリベンジしたり、
「おコメ人生すごろく」でなかなか上がれずにコメの尊さを感じたり(私は納豆の藁にしかなれなかった(笑))
おコメに文字を書いたり・・・。

そして、お決まりの「『米』になりたい」コーナーで米の一部にもなってきました。
米になりたい


幅広い世代がそれぞれ夢中になれるような仕掛けが散りばめられていて、
ふだん、興味がなかった人たちまで気付いたら夢中にさせてしまう空間。

届くように情報を届ける工夫の重要性を改めて感じました。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村