小正月に合わせて信州入りしていました。

今回のメインイベントは14日夜の「どんど焼き」です。
正月飾りなどを木々で作ったやぐらと共に炊き上げ、無病息災や五穀豊穣などを願う行事です。

うちの地域では、厄年の人が厄払いのために、みかんや御ひねり、お菓子などを投げる、
「厄投げ」をし、さらに子供が産まれたり、長寿などのお祝いのタイミングでも、
御ひねりなどを投げることになっています。

今年は 祖母が満100歳の歳ということで、地域の方々にそのご報告と御礼を込めて投げることに。
こんなめでたいタイミングは二度とないことなので、平日ながら帰ったのです。

まず、午前中にご近所のミヤセさん宅に集まって、みんなでワイワイ 「まゆだま」づくり。
方言で祖母はよく「おめえだま」と言っていましたが、米粉で作る餅です。
詳しくは以前、自分の厄年の時に書いていた記事がありますのでご参照ください。

まず米粉にお湯を入れながら練って、適度な大きさに。
まとめる
火が通りやすいように 一度棒状にしたものをつぶして平らにして茹でます。
(数年前は蒸しました。どちらでもOKのよう。)

15分くらいだったでしょうか、中まで火が通ったら ザルにあげ、再度練ることができるくらいまで冷まします。
さます
ミヤセさんの知恵で 時短のために、屋外に出して急冷。

そこから(一部には色粉を混ぜながら)砂糖と塩少々を加え、さらに練ります。
この作業をしっかりすると硬くなりにくいようです。
練り練り

形を整え、打ち粉にまぶしたら ある程度の硬さになるまで ひとやすみ。
形を整えて


五平餅をメインにお茶タイムです。
お茶タイム
ミヤセさんが、お昼ごはんとしか思えないほど豪華なお茶請けをたくさん用意くださっていたので
満腹のお茶タイムとなりました。

みんなで作って、みんなで食べる。幸せな時間です。

最後に「まゆだま」の仕上げ。よくしなる柳の枝に さして完成です。
完成
家にて


長くなったので 後編につづく。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村