食生活ジャーナリストの会、年に一度の公開シンポジウムが来月に迫ってきました。

今年は発足25周年の節目ということで「食とメディア」をテーマに、
「食」をめぐる状況とメディアの関わりを振り返り、今後を探ります。

第1部の基調講演では「食」の中心に位置する「料理」とマスメディアとの関わりの変遷、
また「家庭料理」規範の変遷を、メディア文化研究者・佛教大学准教授の村瀬敬子氏に
分析・解説をしていただきます。

第2部では村瀬氏に加え、パネリストにITジャーナリストの佐々木俊尚氏、
東北食べる通信編集長の高橋博之氏、NHKアナウンサーの山本美希氏を迎え、
「食とメディア」の関係や現状の「メディアが抱える問題点は何か」を論議し、
今後、食とメディアとの関係はどうなっていくのか、を探ります。
コーディネーターは、農と食のジャーナリスト山本謙治氏。

メディア関係の方、日々メディアに触れている皆さま、
それぞれが集い、共に考えることで有意義な時間となると思います。

私自身もワクワクが止まらないほど豪華な布陣でお送りする今回、
早々に席が埋まることが予想されますので、是非お早目にお申込みください。


第1部<基調講演> 村瀬敬子氏(佛教大学社会学部 准教授)
「料理とメディア」
――食とメディアの関わりの歴史から現在を考える――
第2部<パネルディスカッション>
「 これからの食とメディア」
<パネリスト> 村瀬敬子氏
        佐々木俊尚氏(ITジャーナリスト 作家)
        盒暁酣兄瓠陛賈命べる通信編集長)
        山本美希(JFJ会員、NHKアナウンサー)
<コーディネーター>
        山本謙治(JFJ会員、農と食のジャーナリスト)
<総合司会> 佐々木仁子(JFJ会員、フリーアナウンサー)

●日時……
2015年3月15日(日)
シンポジウム開会13:30(受付13:10〜)終了予定16:30
●場所……
東京ウィメンズプラザ(B1)ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
電話03-5467-1711(代)
●交通……
JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
☆国道246号線のオーバルビル前の看板が目印です.

【参加費】
一般の方…1,000円 学生の方…500円 団体の方(10人以上の団体)…800円
2015年3月9日(月)までに、下記の必要事項を明記のうえ、
FAXまたはメールにてお申し込みください。

●お申し込み●
申込の際は、下記必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお申し込みください。

名前(ふりがな)
所属(社名/団体名/フリー)

住所
TEL&FAX
メールアドレス

※シンポジウム当日は名刺をお持ちの方は、ご持参ください。

お申込み先
食生活ジャーナリストの会事務局
メール jfj-shoku@t-net.ne.jp
FAX 042-554-3887


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村