ここのところ 「被写体への愛」について考える機会が続きました。

技術のある方が撮った写真でも、心が動かない。そんな時がある。
それより、お友達が何気なく撮ってくれた写真や、ヘタなりに自分で撮った写真の方がずっと心に響く。

なんとなく感じていたことではあったけれど、
それを痛感する出来事や、言葉で共有できる方との時間が立て続けに重なり、確信に変わりました。
やっぱり 写真は 被写体への愛!
(むろん、技術と愛をあわせ持つ方は最強ですね。)

この写真は徳島視察旅の時、満腹なのに、
どうしても逢いたくて伺った 徳島市のレストランカフェ「カサブランカ」のいちごパフェ。
カサブランカのイチゴパフェ

何枚もシャッターを切ったけれど、運ばれてきた直後に
撮った一枚が、いちばんキラキラしていました。
やっぱり被写体と向き合った時の感動や愛が映るんですね。

そういえば、まだ今ほど仕事をいただけるようになるずっと前のこと。
いつもブログを読んでくださる友人が「くにちゃんの文章は 愛があるから好き」
と言ってくれた言葉に励まされたことを思い出しました。

技術をもたない私は、やっぱり大好きな生産者さん、野菜、果物・・・
みんなへの愛を大切に、これからも精進します。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村