篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

野菜をつくる人

水戸市「しづはら農園」のアツイおもてなし

茨城県水戸市に日帰り出張をした際、
市内で有機農業をされている「しづはら農園」さんにお邪魔しました。

まだ水戸で就農して約3年ながら、実力派のコワモテ有機農家の先輩たちに
「モンスター」と言わしめるほどの若手注目株(笑)
すごい実力という意味なのですが、その響きとは異なり雰囲気はオシャレでほんわか。
以前からもっとお話したいと思っていた農家さんです。

野菜のおやつ@しずはら農園最寄りの内原駅までお迎えに来ていただき、畑に着くと、
かわいいストーブとやかん、アツアツの蒸し野菜がー!
これには、もうハートと射抜かれました。

何よりのごちそうですよね。
野菜たちを、その子たちが生まれ育った畑でいただくって。

よく、畑で野菜をまるかじりはさせていただくのですが、
冷える季節ということもあり、温かいおやつを用意してくださっていたようです。
そのお気遣いが嬉しいですね。

いただいたのは、ニンジン、サトイモ、そして大浦ごぼう。
大浦ごぼうは、ものすごく太い牛蒡ですが、株間を狭くして食べやすい太さに育てているのだそう。
これが、めちゃウマ!
薫りがよくて甘みがあって、ホクホクとすら感じるくらいの食感なのです。

その後は、ニンジン3品種をその場で、がぶりと食べ比べさせていただいたり、
コマツナやネギ、キャベツなど、さまざまな圃場を美味しく見学させていただきました。

しずはら農園
旦那さま・原田さんは、栽培のこと、土の状況の話しになると、
ついていけないくらいのスピートで語ってくださって
以前、別の場所でお目にかかったときよりも、ずっと雄弁(笑)
いかに、畑のことを常に考えているのかが伝わってくるようでした。

いろいろと野菜のお土産までいただいてしまったのですが、
奥さま・しずめさんが、女性が使いたい目線で手入れしてくださった
野菜は本当に使いやすく、かわいくすら見えるから不思議です。


真剣に畑に向き合って、しっかり生業にしつつも、
とてもナチュラルに、暮らしの一部として農業を楽しんでいる姿がとても印象的、
しなやかな芯の強さを感じる ご夫婦でした。
この硬軟あわさった感じ、ますます気になる存在になってしまいました。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

「よみがえりのレシピ」

やっと見に行けました。
関係者の方からも ずっとオススメいただいていた映画「よみがえりのレシピ」。  

山形在来作物にまつわるドキュメンタリー、
数え切れないほどの市民プロデューサーさんたちの支援もあって形になったのだそうです。

一度消えかけた食材の魅力がなかなか伝わらない現実があるも、料理人が
素材の価値を知り、新たなアイデアを加えることで、味わいが認知され、受け入れられていく流れ、
次世代を担う子供たちが、まっさらな感性で 古くて新しい野菜を向き合い、受け継ぐ様子、
使命感というより、もっと自然に 種を大切に守り育んできてくださった生産者さん・・・
在来野菜復活の周囲にある、あらゆる物語が詰め込まれた宝箱のような映画でした。

食への探究心がある方はもちろん、ふるさとがある方もそうでない方も・・・
少なくとも、このブログを読んでくださっている方には、
ぐっとくるエッセンスが詰め込まれた映画だと思います。

私が涙ぐんでしまった、お気に入りのシーンは、
孫に、白山だだちゃ豆の種とりを手伝ってもらっているシーンの後に、おばちゃんが語った、
庭に2粒ほど落ちていた種を孫が拾って
「ばぁば、大切なものが落ちていたよ」と届けてくれた、というエピソード。

種が大切な 大切な 食べ物の源である、そして それを残すことがいかに大変か、
それが感覚として伝わっているからこその行動ですよね。

手をかけて種を守り、育ててくださる生産者さんの仕事の尊さを改めて感じることができる映画。
これからも多くの方に届きますように。

今日、紹介されていた野菜たちは再び、地元のおなじみに戻り、
こんな野菜もあったんだねと懐かしむのではなく、
途切れそうな時期もあったんだねぇと懐かしまれる時が来ることを心から願って。

東京での上映は 今月いっぱい。
渋谷のユーロスペースにて。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

曽我農園の「金筋トマト」

野菜の王様トマトちゃんとのご縁はますます深まるばかり。
先日、「趣味の園芸ビギナーズ」で巻頭特集「トマトな人々」を担当させていただいたり
トマトをテーマにした講座のご依頼が続いたり・・・

そして 新潟でも 嬉しい嬉しいトマトな出逢い!
なんと、今回の出張のメインでもありますジュニア野菜ソムリエ講座の受講生さんの中に
とてつもないトマトの生産者さんがいらしたのです!

祝!蘇我農園「金筋トマト」ダブル受賞!曽我農園の曽我千秋さんです。

同世代で、元テレビ業界人、辞めた年齢まで同じという共通点だらけ。
違うのは、「農家のお嫁さんになる」夢を叶えた曽我さんと
野菜果物を恋人にしている私、というその後の人生(笑)

余談はよいとして(笑)、ご主人のお気遣いでいただいた曽我農園の主力「金筋トマト」がすごかった!
一気に 私の中のベストトマトTOP3にランクインです。

金筋トマトまず見た目がすごい。
名前の通り 黄金の筋が放射線状に輝いています!

そして何より味がひっくり返りそうなほどのインパクト!
甘みはもちろん、それを引き立てる酸味もあって、味が濃い。
けれど、目をつぶって食べたら、フルーツと思うくらい華やかな味わい。

春の高糖度トマトの特徴として皮がかため、とのことですが、
果肉もしっかりしているので、全く気にならず、カプリと一緒にいただけちゃいます。

感動さめやらぬ間に開催された野菜ソムリエサミットのテーマは大玉トマト。
今回も審査員として参加させていただいたのですが、情報非公開での食味審査でも
すぐに金筋トマトだとわかってしまうほど際立ってしました。
(それでいて、旬の終わりだというからすごい。今年の出荷は終了したそうです。)

そして、結果!
なんと、食味審査、ダブルでの大賞受賞!おめでとうございます!!!

またトマト史(そんなのあるのか?(笑))に新しい歴史が刻まれました!
今から来年が楽しみです。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

ハーブ王子とMANSALVA

先日、ハーブ王子こと長野ハーブガーデンの竹内理さんが東京にいらっしゃったので
大好きなイタリアン「MANSALVA」へお連れしました。

「MANSALVA」は、こちらに野菜を卸していらっしゃる塩田さんに教えていただいて以来、
大好きな隠れ家レストランです。

ひと皿ひと皿が繊細で美しく、それでいて、とーってもお腹がいっぱいに・・・
そう、心もお腹も満たしてくれます。

プリフィックスコースが4500円〜と コストパフォーマンスが抜群なのも魅力です。

意識していただいみると、高橋シェフのお料理にはハーブが満載。
ヨーロッパでの修行時代から身近な食材だったそうで。

冷たい前菜@MANSALVA今回のコースは
ちいさな玉葱のキャラメルタルトからスタート。

冷たい前菜は、ホワイトアスパラガスと「富士の鱒」のマリネ
季節の葉野菜と彩りフルーツを添えたインサラータ

温かい前菜@MANSALVA

3皿目

温かい前菜は
天使海老のバジリコ香る塩クレープ 
カルチョフィのクレーマとこだわりトマトのコンフィを添えて

ここからは 手打ちパスタが登場です。
一口パスタ@MANSALVA
まず ひと皿目の一口パスタは
リコッタチーズとフレッシュハーブを詰めたトルテッリ 
自家製レモネードとパセリのソース

2皿目のパスタ@MANSALVA

2皿目のパスタは選べます。

私は、チカティエッリ(葉巻型のショートパスタ)をチョイス。
「鰆と春キャベツ、からすみ香る潮オイルソース」


お肉料理@MANSALVA
メインディッシュは お肉にしました。

フランス産 シャラン鴨胸肉のロースト 
トスカーナ名産ヴィンサントのソース

季節のパフェ@MANSALVA
ラストはデザートかチーズ。私はもちろん、デザートを。

季節のパフェ グレープフルーツと牛乳のラッテコッタ 
フレッシュバジルのソルベを添えて





高橋シェフ&ハーブ王子
ハーブ王子も、絶妙なハーブの組み合わせに関心しきり。
食後、高橋シェフがテーブルまで来てくださって 
ハーブ談義も大盛り上がりでしたね。


こうしてブログを書いているだけで
美味しさが蘇って、すぐに行きたくなってしまうくらい美味しい夜でした。


野菜ジャーナリストのお気に入り度 ★★★★★ 星5つ!!!
****************************************************************
地中海イタリアン「MANSALVA」 
 電話 03‐5447‐3300 
 渋谷区恵比寿4‐9‐15 B1
 18:00〜23:00 
 URL http://www.mansalva-ebisu.com/
*****************************************************************


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

有機農家女子の本音

先日、スカイプを使用しての「オンライン圃場見学会『女子会』」が無事、終了しました。

春の嵐の日と重なってしまったこともあって、停電で急遽参加できなくなってしまった方も
いらっしゃいましたが、約20名でワイワイ盛り上がりました。

しかも4時間にわたり!!!
当初、2時間の予定だったのですが、延長希望が出て、約半数の方が延長戦へ、
気づけば日が変わる時刻だったのでした(笑)

慣れない環境に四苦八苦しながらの、つたないコーディネートではありましたが、
お話上手の有機農家女子との時間は、本当に楽しかったです。

内容はプライバシーに関わることですので、詳細公開はできないのですが、
旦那さんとの仕事分担について、子供が休みの日はどうしているか?
自分の時間について、旦那さんの操縦方法について・・・などなど。

どなたかがお話すると「わかるー」と共感する声が続出したり、
アドバイスをされる方もいらしたり・・・想像を超える化学反応が起こっていましたね。

コーディネーターとして参加させていただいた独身・非農家の私から見ると、
どの方も懐が深く、人として尊敬 ☆彡
奥さんがいらっしゃるから、旦那さんたちは、畑とじっくり向き合えるのだなぁと感じるほど、
すてきな女子だったことが印象的でした。(かなり女子贔屓な目線かもしれませんが。)

これは、第2回もやりたいし、やる必要がある!と使命感に燃え始めています(笑)
発展させて、食べる側とつなげる意義もあるなぁとも思いました。

貴重な機会をくださいました、あさひや農場の関谷さん、
参加女子のみなさま、ありがとうございました。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>
●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ