篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

長野だより

祖母100歳の誕生日祝い

100!
12月15日満100歳の誕生日を迎える祖母の誕生日祝いをしました。

私が野菜に関わる人生を選ぶことになったのも祖母の存在あって。
凛とした生き方はいつまでも私の憧れです。

たくさんの方に温かく包まれ、この日を迎えられたことに感謝です。
ありがとうございます。

Nikonサロンにて作品展示

ライフワークとして、数年前から祖母の写真を撮り続けています。
そのうちの1枚が、展示作品に選ばれ、新宿エルタワー内Nikonサロンにて展示されています。
ばあちゃん

Canonユーザーですが、カメラの殿堂で大変光栄です。
展示は16日まで。
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2015/11_bis.html#03

祖母100歳の表彰 そして写真展

2015年9月21日 敬老の日。
まもなく12月の誕生日で100歳を迎える祖母にとっては特別な1日になりました。
100歳
なんと、国、長野県、茅野市のそれぞれから長寿を賞して表彰いただきました!!!

来年から銀メッキになってしまうと言われている銀杯も純銀のものをいただきました。
銀杯
ありがたいことです。

最近は、痴呆の影響で、ご機嫌斜めの日もある中、
この日は、表彰されたことをしっかり認識していてとってもご機嫌。
写真撮ってーと自分から言い出すほどでした☆

日頃、お世話になっているグループホームのスタッフの方々が
茅野市民にとってのソウルダンス「茅野どんばん」を踊ってくださると、
急に目覚めたかのようにテンションマックス!
茅野どんばん
やっぱり ばあちゃんは祭り女です!

こんなに身体中で喜んで笑うばあちゃんを見たのは久しぶり。
私が今、野菜ジャーナリストとして活動している原点は祖母なので、
ますます元気でいてくれることが、本当に嬉しくて幸せな1日でした。

そして、茅野駅東口の茅野市美術館では、80歳以上のお年寄りを被写体とした公募写真展
寿齢讃歌―人生のマエストロ―写真展」が開催中!
20150520cmoa
私も祖母の写真を出展し始めて8年目になります。
何度か、日本カメラに写真を掲載いただいたり、ますます写真が好きになり、
ライフワークとして祖母を撮り続けていくことの楽しさも教えていただいた写真展です。

今年は写真展がスタートして10周年ということで
茅野駅東口の開放的な茅野市図書館のスロープでは、
これまでの全写真915点を展示する「915/Maestros」も同時開催中。
スロープ展
共に今月27日まで。

見るだけで元気が出る不思議な力をもった写真展。
長寿日本一長野県のパワーをぜひ感じてほしいです。
茅野にいらっしゃった方はぜひチェックくださいませ☆



祖母100歳の「どんど焼き」〜後編 年に一度の景色〜

前編「まゆだま作り」編のつづきです。

帰りに、どんど焼きの田んぼに行ってみると、この景色が広がっていました!!!
背景に、蓼科山と青空をせおった小屋はなんともすがすがしい佇まい。
昼間
私が知る限り、うちの集落一の絶景どんど焼きなのではないでしょうか?!

今年はうちの通り(ストリートの意味)が「世話番」と呼ばれる当番なので、
5時に集合し、振る舞い酒などの準備をしました。

18時頃、二番小屋と呼ばれる小ぶりの小屋に点火。
18時半、大きな一番小屋にも点火。
いちばん小屋
大太鼓の響きに導かれるように人が続々と集まります。

19時頃、いよいよ厄投げ。どんど焼きの盛り上がりは最高潮に達します。

母が祖母の代理で、「篠原はなゑ100歳」を報告し、厄年のみなさんと御ひねりなどをみなさまへ。
みかんやお菓子も投げるので、けっこう肩が疲れたようです。

厄投げが終わるころには、小屋もだいぶ燃えて火が小さくなります。
その火に、昼間作った「まゆだま」をかざして焼き、それをいただくことで
風邪をひかない、と言われています。
まゆだま焼き
香ばしさが加わったアツアツの「まゆだま」は、そのままでごちそう。

今年も1年 健康に過ごせそうです☆完


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

祖母100歳の「どんど焼き」〜前編 まゆだま作り〜

小正月に合わせて信州入りしていました。

今回のメインイベントは14日夜の「どんど焼き」です。
正月飾りなどを木々で作ったやぐらと共に炊き上げ、無病息災や五穀豊穣などを願う行事です。

うちの地域では、厄年の人が厄払いのために、みかんや御ひねり、お菓子などを投げる、
「厄投げ」をし、さらに子供が産まれたり、長寿などのお祝いのタイミングでも、
御ひねりなどを投げることになっています。

今年は 祖母が満100歳の歳ということで、地域の方々にそのご報告と御礼を込めて投げることに。
こんなめでたいタイミングは二度とないことなので、平日ながら帰ったのです。

まず、午前中にご近所のミヤセさん宅に集まって、みんなでワイワイ 「まゆだま」づくり。
方言で祖母はよく「おめえだま」と言っていましたが、米粉で作る餅です。
詳しくは以前、自分の厄年の時に書いていた記事がありますのでご参照ください。

まず米粉にお湯を入れながら練って、適度な大きさに。
まとめる
火が通りやすいように 一度棒状にしたものをつぶして平らにして茹でます。
(数年前は蒸しました。どちらでもOKのよう。)

15分くらいだったでしょうか、中まで火が通ったら ザルにあげ、再度練ることができるくらいまで冷まします。
さます
ミヤセさんの知恵で 時短のために、屋外に出して急冷。

そこから(一部には色粉を混ぜながら)砂糖と塩少々を加え、さらに練ります。
この作業をしっかりすると硬くなりにくいようです。
練り練り

形を整え、打ち粉にまぶしたら ある程度の硬さになるまで ひとやすみ。
形を整えて


五平餅をメインにお茶タイムです。
お茶タイム
ミヤセさんが、お昼ごはんとしか思えないほど豪華なお茶請けをたくさん用意くださっていたので
満腹のお茶タイムとなりました。

みんなで作って、みんなで食べる。幸せな時間です。

最後に「まゆだま」の仕上げ。よくしなる柳の枝に さして完成です。
完成
家にて


長くなったので 後編につづく。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村




●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ