篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

野菜のお話 夏

「トウモロコシおこわ」を炊くコツ

フェイスブックに投稿した際、大変反響がありましたので、こちらにも掲載いたしますね。

花井さんのトウモロコシ先日、山梨県笛吹市のヘルシーファーム陽水園の花井さんから
たっくさんのトウモロコシをいただきました。

生で、蒸して、焼いて・・・など色々な調理法で楽しませていただき、
シメは トウモロコシおこわに。

美味しい「トウモロコシおこわ」を炊くコツ大切なポイントは 実をそいだ後の芯をしっかり生かすこと。

旨みと栄養分がつまっていますので、
一緒に炊いてあげると いいトウモロコシ出汁が出ますよ。

コーンスープを作る時も、鍋の中で一緒に煮込んであげてくださいね☆


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

水無月の「なつはな畑」

三角の「なつはな畑」2012.6

GWに種まきをして以来、茅野(長野県)に帰りました。
6月上旬にもなると、山の緑も濃くなり、畑にも緑が茂り始めます。

ジャガイモ2012.6

三角の畑は 奥から4種のジャガイモ、枝豆2種、
ナス、トウガラシ、ピーマン、大葉、赤シソなどなど
昨年のこぼれ種で ズッキーニも元気に育っていました。

ジャガイモの周りの草をとって、土寄せを。
水ハケがよくなるのと、
上の方にジャガイモが育ちやすくするために。


庭の「なつはな畑」2012.6
お庭の畑も、完成。
ピーマン、モロッコインゲン、トマト、トウモロコシ、ゴーヤ、
モロヘイヤ、ヘチマを植えています。
他には ニラ、ミョウガなどは所々に自生。

絹はだカブ

こちらは、絹はだカブ。
この季節の貴重な青菜として、間引き菜をいただいています。

6




ばあちゃんも 庭を愛でて ごきげん。
月末にまた帰る頃には どんな景色になっているのか楽しみです。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

朝どり大葉で佃煮

なつはな畑の朝どり大葉今年も なつはな畑の大葉たち、元気です。
母が、朝どりしたものを届けてくれました。

昨年、知って以来、大葉の佃煮づくりが夏の楽しみ。
(大葉の佃煮について、詳しくはこちら )

大量に作って冷凍して、1年中楽しんでいます。

震災で電気やガスが止まってしまったときも、この保存食たちが助けてくれました。

今年も、太陽の恵みに感謝しながら、たっぷり蓄えたいと思います。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

ホワイトとうもろこしの新品種「雪味甘ちゃん」

7月7日、つくば市での「にんにく祭り」の帰り、(こちらについては別記事で改めて。)
たまたま JA桜直売所の横を通ったので、立ち寄ると、出荷に来ていた市村さんとばったり!
(市村さんは 仲良くしていただいている生産者さんで、あの地震の瞬間も一緒にいたのでした。)

「くにちゃん、さすが鼻が利くわね、ちょうど今日があの「雪味甘ちゃん」初出荷だったのよ!」というわけで
急きょ、すぐ近くの とうもろこし畑へ おじゃましてきました。

「雪味甘」は 武蔵野種苗のホワイトトウモロコシで、今年に入り、名前がついたばかりの新品種。
初物「雪味甘」
市村さんは 昨年から試作を始め、
今日、初めて出荷の時を迎えたのです。

実は、先月、イベントで (→右の写真はその時のもの。)
はしりのものは食べさせていただいていたのですが、
最盛期に出くわせるとは、やはり、私には 食いしん坊の神様がついているようです(笑)

「雪味甘」おひろめ☆さっそく、恒例の畑で試食。
まさに宝石のような 白い輝きです。

まず プチっ!パリッ!と弾ける食感にびっくり。
パンパンに育った粒から 甘さが 飛び出してきます。
皮が薄いので、ガブリといって 口で受け止めるのがマルです。

甘さは 果物のような きゅっとなる甘さでもなく、
野菜らしい甘酸っぱさでもなく、独特。
市村さんは 「和菓子の甘さとケーキの甘さの違いみたいなもの」と
おっしゃっていましたが、まさに!「雪味甘」糖度

「雪味甘ちゃん」の甘さは まるで 和三盆のよう! 
後味さわやかで クセのない甘さなんです。

ちなみに 糖度は おどろきの 約19度!!!
(多糖類なので、ぱきっとは糖度が測れません。
ちなみに持っていた梅ジュースの糖度は7度でした。)

ピュアホワイトは 生ならではの青い風味がしたのですが、
「雪味甘ちゃん」は これって 生で食べるものですよね?
と言いたくなる完璧さ。

市村さんのとうもろこしは、予約完売の人気ものなのですが、
畑に伺った特権で何本か おすそわけいただいたので、お家では加熱していただきました。
(すでに、「雪味甘ちゃん」も予約分で完売。)

食べ比べのために あえて 電子レンジ蒸しと 熱湯からのさっと茹でに。
茹で加減は お好みですが、特徴であるパリっと感を生かしたかったので、定番の水からではなく、
沸騰したお湯で さっと茹で。(水から茹でだと、もっちり感が加わります。)
やっぱり 「雪味甘ちゃん」のはじける食感が生きるのは さっと茹ででした。

当日、初めて食べた八百屋さんや、レストランのシェフもすでに虜だそうで、
「市村さん、もう全部、『雪味甘ちゃん』にしてください!」との声が出たほど。

幻のトウモロコシと言われたピュアホワイトのように 美食家をうならす人気者になりそうな予感です。

いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

可憐な野菜☆高知の花にら

高知の花にら全体高知の花にらに 女子心を奪われています(笑)

花にらは、一般的なにらと異なり、花茎(とう)を食するものです。

これまで中華料理屋さんでしかお目にかかったことがなく、
中国野菜のイメージがあったのですが、
高知県では、オリジナル花にら専用を育成し、周年栽培を実現。
(JA津野山から出荷されています)

空洞が入りにくく柔らかいため、根元まで食べられるのが特徴だそう。
たしかに、見た目はしっかりしていますが、
シャキシャキしながらも、繊維がやさしかったのが印象的でした。

ニラの香りもふんわりなので、においを気にしないでよいのも嬉しい。

高知の花にら
お花を食べているというのも 
ちょっと ときめきます。


ニラの花
ちなみに この蕾の中に隠れているニラのお花は こんな感じ→
なつはな畑で 撮影したものです。

可憐な小花が集まっていて、ひとつのブーケのようなお花です。

以前、咲いたお花を天ぷらにしていただきましたが、それも ほんのりニラの風味がして美味でしたよ。 
(以前、大反響いただきました記事はこちらこちら


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ