篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

野菜果物なもの

ひょうたんの漬物

「食べて学ぶ」がテーマだった京都出張では、
普茶料理」をいただくためだけに、黄檗宗の大本山・萬福寺まで足を伸ばしました。
IMG_0417
(写真;木魚の原型とされる「開ぱん」。叩く音で食事の時間などを知らせる。)

ちなみに「普茶」とは、普(あまね)く多くの方にお茶を差し上げるという意味で、
「普茶料理」はお寺での行事の際に出される中国風精進料理のこと。

せっかくわざわざ伺ったので、5000円のコースを予約してもらいました。
個室に案内いただき、なんと、和尚さんからのご丁寧な説明付。

お話の中で、興味深かったのは、寺の食を司る典座が実際に「普茶料理」も調理くださっており、
その方の出身地によって、私たちに供される「普茶料理」の味付けなども変わるのだそう。
IMG_0448
肉や魚に見立てた「もどき料理」も多く、見ためにも楽しいお料理の数々でした。
きのこごはんと汁物は、行堂(ひんたん)と呼ばれる木桶で供され、好きなだけ♪

さてさて、中でも印象に残ったのは、タイトルにした「ひょうたんの漬物」(しば漬け)
ひょうたん
親指サイズくらいの大きさなんですが、ちゃんと、ひょうたん型。
苦みのない食用のひょうたんを若どりして漬けたものだそう。
ちょっぴりキュッキュッとした食感があり、ウリよりクセがなくて、どんな味にでも加工できそう。

調べてみると、草勢がよく、実もたくさんなるのでグリーンカーテンにもいいのだとか。
美味しいし、来年はやってみようかしら♪
(*「食用」ひょうたん以外は食用しないこと。観賞用は苦みが強く食中毒のおそれがあるそうです。)


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

野菜と「玉の輿」

先日の京都出張で、今宮神社に行ってきました。
ここは実は、野菜ととってもゆかりのある場所なのです。

今宮神社再興にあたった、5代将軍綱吉公の母・桂昌院は、西陣の八百屋に生まれ、
お玉と呼ばれていたことが、「玉の輿」という言葉の由来なのだとか。

ということで、「玉の輿お守」があります。
野菜に関係あるとあらば持たないわけにはいきません!(笑)
野菜と玉の輿

聖護院かぶら、京にんじん、加茂なす(そうは見えないけれど…)
京野菜が描かれてカワイイ♪

大切にしたいと思います。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

ズッキーニケーキ

先日、大好きな人(女子)とのお茶デートでいただいた
デンマーク・ザ・ロイヤルカフェ@銀座三越の「ズッキーニケーキ」。
ズッキーニケーキ

デンマークでは、こういう食べ方もするみたいです。

キャロットケーキのようにシナモンがバッチリきいていて、ナッツの食感もしっかりあったので、
見た目と違い、ズッキーニ感はほとんどなく、苦手なお子様でもパクパク食べてくれそうな
野菜ケーキでした。

昨日のコラムやら、最近ズッキーニづいています♪


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

八幡屋礒五郎の「七味マカロン」

7月のことですが、長野市に出張で伺った際、帰りに善光寺付近をお散歩。

大賀はす

お目当ては、ちょうどその時期、花を咲かせていた大賀蓮だったのですが、まさに花より団子。
(大賀蓮=大賀一郎博士に発見された2000年前の蓮)

唐辛子
門前にある七味唐辛子の老舗「八幡屋礒五郎」に
立ち寄って、お買い物に夢中になっちゃいました。

中でもワクワクしたのは「七味マカロン」!
七味素材を加えたクリームがサンドされたマカロンです。
全種類食べ比べるのも仕事のうち、と自分に言い訳をしながらいただいたのでした(笑)

七味マカロン

上から時計回りに 種類と私の感想を。

白:麻種  特に個性なし(笑)
紫:紫蘇  中が緑色でギャップが面白い やや抹茶っぽい風味もある紫蘇風味で◎
茶:生姜  生姜糖の味。後味が意外にまったり甘い △
緑:山椒  薫りがすごい!そして後味、舌がピリリとしびれる!面白い。甘い山椒 △
黒:胡麻  ゴマのまったりした風味で間違いない味 ◎
黄:柚子  すごーく爽やか バター風味が唯一ない 柚子の果皮入っているかな? ◎
赤:唐辛子 バター風味の後にピリリ ○

見た目もキュートで、和と洋の出逢い感がオツではありませんか。
日持ちはしないけれど、「わかる人」へのネタなお土産としていいな、と思いました♪


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

輪違い大根

プランニングプロデューサー次屋妙子と共に、会員制の食事会を主宰しはじめました。

初回は、ひな祭りの頃。
歌舞伎座のほど近い八彩懐石「長峰」で、トマトジュースで乾杯して
(もちろんアルコールもいただきましたけれど(笑))
かわいい引き出し式お重に込められたお料理を楽しみました。
輪違い大根
参加者の皆さまにたくさんの笑顔をいただいて、
お見送りした後、ふと気付きました。
「長峰」の暖簾の柄がいつもと違うことに。

これまでの記憶では、茄子だったのですが、
見慣れないリースのような模様・・・

お店の方に伺ってみると、
「輪違い大根」のモチーフなのだそうです。

「輪違い大根」とは、
1785年に発行された「大根一式料理秘密箱」や「大根料理秘伝抄」に記載され、
江戸時代に流行した飾り包丁の技術。
こちらに動画もありました。)
輪をつなげたようなのですが、これ、途中で切れていないというから驚きです。

私があまりに食いつくものだから、特別に制作途中の輪違い大根を見せてくださいました。

輪違い大根 制作途中輪違い大根 制作途中ヨリ





ブラボー!タネも仕掛けもなく、つながっていましたよ!

十分、美しいのですが、もっと角をとって丸みをもたせて細いリング状にしてから完成とのこと。
ディスプレイするとのことでしたが、生ものだから、タイミングが合えば拝めるかもしれませんね。
もったいないから、そのまま干し大根にしちゃうのも面白いかも?!

なんとも粋な江戸のもてなしを 平成の銀座で感じたのでした。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>
●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ