篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

果物のお話 夏

トケイソウ=パッションフルーツ

ゴーヤカーテンと共に、わが家を涼ませてくれているのが、パッションフルーツカーテン。
果実の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、数日前に落ちた果実が完熟し、食べごろでした。
食べるのも忘れてきました。
そんな おっちょこちょいな たった2日の夏休みでした(笑)

トケイソウ
パッションフルーツは トケイソウとも呼ばれます。

お花を見ると 納得!本当に 時計のよう。

受粉できていないまま枯れてしまう子もいたので、
綿棒で お手伝いをしてみました。

無事、実になってくれるでしょうか?!
来週も ちょこっと茨城に帰るので そのときに結果がわかるかな?


明日からは また フル回転!
4時起きをして 京都へ日帰り出張して参ります!おやすみなさい。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>


東京マラソン専用バナナ

1ヶ月ちょっとに迫った東京マラソンに向け、
ますますトレーニングに励むランナーをみかけるようになりました。

私は、今年の抱負のひとつに「走る野菜ジャーナリスト」を掲げていますが
(詳しくは リズム―ンでのインタビュー記事をご覧ください)
まだ一度も走っていない始末・・・あっ、歩いてはいます(笑)

東京マラソンでは ランナーにバナナが無償提供されていますが、
今年は なんと「東京マラソン2011専用バナナ」

フィリピンのミンダナオ島で1年かけて育成、
国内に輸入した後の追熟過程では ランナーが好きな曲を聞かせる「聴育」をするのだそう(笑)

ちなみに品種は 私たちが普段、食べ慣れている「ジャイアントキャベンディッシュ」ではなく
「ラカタン種」のバナナ
キャベンディッシュよりもクエン酸値が高く、ほのかな酸味があるのが特徴で、
見た目は ちょっぴり短く太め。(一応 バナナ講座の講師をしているので、れそれっぽく)

生産地のフィリピンでは、ラカタン種のほうが人気なのだとか。

こうやって 思わず記事にしたくなるような話題を提供してくるのはドール
以前も バナナの自販機のことを書きました。

大企業だからできることかもしれませんが、
このエッセンスは 自分サイズで販売をしている方々にも 見習える点が多いと感じました


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


夕張メロン選果場〜伝承の技に選び抜かれたメロン〜

夕張メロン カット
メロンが大好きです

美味しいから、なのはもちろんですが、
私が好きな理由は 五感を とっても必要とする果物だから

暑い皮におおわれているので、
熟度を知るためには ふれたり、薫ったり、
見た目の色の変化を感じたり、
五感をフル活用しなければなりません



夕張メロン一筋縄でいかないメロンは、
時間に追われがちな日々の中でふと、立ち止まる時間をくれるよう

そんなメロンの中でも いまや伝承の技ともいえるべき、
選果技術が受け継がれている
のが
ブランドメロンの大御所「夕張メロン」

果物は、規格や品質統一するために
選果(せんか)という過程を経ますが、
「でんすけスイカ」のように、
光センサーなどを活用することが多くなっています。

その傾向の中にあって、夕張メロンは、とことん「手」にこだわっていました

夕張メロン選果場ロングひとつひとつ手にとられ、
大切に かつ素早く 選果が行われていきます。

本当に チェックしているの?!と思ってしまうほどの速さ


「今日は2000箱だから あっという間に終わってしまう」と JAの方がおっしゃっていたのにも納得。

ですが、瞬時に 
ネットの具合や、熟度、形など判断しており、むしろ機械より正確なのだそうです

伝承の選果技術感動したのは
伝承の技を 熟練者から若手へと受け継ぐ仕組み

ナースキャップのように 
白い帽子に赤い線の入った帽子の方が熟練者で、
若手と向かい合って座り、技術を伝授している
のだそうです
線が 2本の方もいらっしゃいました。大御所なのかしら?
(左の方の帽子に線がありますね。)

夕張メロンの季節は もう終盤だそうですが、まだ出逢えるかもしれません。

おいしさの基準は 人それぞれ
単純な私は 手のぬくもりを感じながら ますます美味しくいただくのでした



いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

でんすけすいか〜初物の記憶〜

でんすけすいか
初物の記憶というのは 鮮明に残るものです

なぜか今年 スイカを食べそびれていた私・・・
夏の終わりにして マイ初物スイカは 
北海道JA当麻の「でんすけすいか」でした


黒と赤のとってもスタイリッシュな出で立ち
贈られたことがある方は 誰かに大切に想われている証でしょう。
高級スイカとして主に贈答用につかわれているブランドスイカさんです。
でんすけすいか@旭山動物園

どのくらい 高級かって・・・?!

産地市場交流会の視察中に発見!
旭山動物園の売店では 9800円でした
これはさすがに観光価格でしょうけれど。


大切な方に贈るものとあれば、いくら自然の賜物とはいえども、
できるだけ美味しいものを、と想ってしまう・・・
その気持ちに応えるべく、導入されているのが ハイテク選果機。
空洞・糖度・外観を判定してくれ、
糖度11度に満たないものは出荷しない決まりにしているそうです。

味ももちろん魅力的なんですけれど、
10キロ近くある美しいボディをどうしても 抱きしめたくなってしまった野菜ソムリエチーム(笑)

初物の想いでみんな妊婦のように抱きかかえ、
水分たっぷりな夏の恵みの重さをありがたく感じたのでした。


(仲卸の方々に 苦笑される野菜ジャーナリスト 笑 →)


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

1週間だけの超旬果実・ハーコット(生食あんず)

生食あんず「ハーコット」
7月7日の講演会で スペシャルゲストとして登場してもらったのが
長野県千曲市の生食あんず「ハーコット」です


旬が1週間から10日と短いアンズ。
加工用は さまざまな品種が時間差で登場するため、1ヶ月くらい旬が続くイメージがありますが、
「ハーコット」は 唯一の生食あんずのため、1年のうち約1週間しか出逢えない希少な存在
そこで 勝手に命名「超旬果実」ハーコット

果樹研フルーツセミナーで JAちくまの方にお目にかかれたこともご縁となりました
今年の「ハーコット」の出荷期がちょうど7月2日頃からだと伺ったからです。
ということは 講演会の日は 旬のど真ん中。
こんな運命がありましょうか

講演当日は 完熟の入り口(ほんのりサーモンピンクがかった頃)。
「ハーコット」ならではの甘さたっぷり、あんずらしい酸味もほんのりあって超美味でした。

桃のように 産毛が生えているので 一瞬、口にあたりますが、
かみしめると 果実と一緒に口で溶けてしまうから不思議。

食べてくださった皆さまも 「これが あんず?!」「こんな甘いあんず初めて!」と
うれしい驚きの声が次々と・・・

現に 生食あんずは 千曲市周辺(北信)で消費されるか、東京などに出荷されているため、
意外にも われわれ南信の県民のもとには 届かない味

地元の人が知らない 地元の農産物って 結構あるんじゃないでしょうか?
あんずのように 流通が難しい品目は もっと地元の方々に知ってもらい
愛していただいて、発信していく必要があるのでは
?と感じています

地元の宝を知って より誇りに想う、
そんなきっかけになったらと願い、私なりに かけた小さな「かけ橋」でした。

ハーコットちゃん
太陽のめぐみを そのまま体現したような優しい彩りと味わい

肌がとっても デリケートなのだけれど、
思わず こうやって 手のひらで愛でたくなるのでした


いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ