篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

古民家再生への道

古民家再生プロジェクト5 〜お葉漬けはじめの頃〜

古民家11月下旬
11月下旬の古民家再生プロジェクト。
仕事の都合で一ヶ月帰れなかった間に、様変わりしていました。

外装が終わり、この通り、板壁で固められた渋い仕上がりに大満足。

どんどん かっこよくなっていく我が家ですが、元のよさを最大限に生かしていただいているので、
様変わりした寂しさはなく、かっこよくおめかししてもらっている感じなのが 嬉しい。

大工さんや塗装屋さんのお人柄もあってかもしれません。
そして、近所の方々も、私たちがいない時もよく、見てくださっているようで、
大工さんたちとも馴染みの会話をしてくださっていて、
本当に色んな方に守られながら、我が家は生まれ変わっています。
柿と蓼科山と

こちらは、座敷からの眺め。
柿の実、青空と蓼科山が望めるお気に入りの景色です。

八ヶ岳11月

11月終わりの信州は早、紅葉も終わり、
八ヶ岳は雪化粧を始めています。


そして、上の家のおばちゃんは、野沢菜漬けを始めていました。
家ナシ子で、野沢菜づくりは断念している我が家には、うらやましい限りな光景。

野沢菜漬けの景色寒い中ですが、娘さんがお湯で野沢菜を洗い、
お母さんは、漬ける入れ物を台にして、野沢菜をカットし、
下に落とすという超合理的なフォーメーション。
切ってから漬ける方が、食べやすいですしね。

「昔は、あなたの婆ちゃんから色々教わったんだよ。
 今度は、私が教わったことを教える番だね。」

間もなく97歳になる祖母から教わることは難しくなってきましたが、
地域に しっかり受け継がれていることを肌で感じ、嬉しい孫なのでした。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

古民家再生プロジェクト4〜紅葉の頃〜

古民家再生プロジェクト10月中旬
10月中旬、
我が家の古民家再生打ち合わせで、信州に帰っていました。

床は完成し、サッシも入ったことで家らしくなってきました。
耐震構造を高めるため、壁が何箇所か追加され、
これまでのような開放感は減りましたが、安心感はプラスされていきますね。

柱の色決定いよいよ、ペンキ屋さんも合流し、梁や柱の色確認。
色がイメージしやすいように、木に塗装して説明してくださいました。

古民家らしい重厚感のあるほどよい深さの色に決定。

釘アート
翌日には、屋根の洗浄も入り、
いよいよ色化粧も施されていきます。


このアートな物体は、釘の束。
なんでも物珍しくて、感動の連続です(笑)


そうそう、今回、お仕事をお願いしている田空間工作所は、
偶然なのですが、このお茄子がトレードマーク。

田空間工作所壁のカバーなどにも 茄子がコロコロしていてかわいい♥

期せずしての野菜つながりに、
一層、お願いしたご縁を感じるのでした。


この古民家再生プロジェクトでの密かな楽しみは、近くのお宿やお食事処の探訪。
当然、家が再生中なので、泊まる場所がないわけで、
いい機会なので、知っていても泊まったことのなかった近所のお宿を転々として楽しんでいます。

滝の湯からの眺め滝の湯エントランス今回は、
老舗の温泉ホテル「滝の湯」へ。

その名の通り、
壮大な滝が目の前に流れる温泉が
名物です。

ホテルの中から、こんな景色も。



最近、リフォームされたエントランスなどは、温かみのあるオシャレ空間☆彡

世界の料理バイキングも名物に加わり、紅葉シーズン本番を前に、
全国からの観光客で盛り上がっていました。

次の打ち合わせ(11月下旬)は、山も冬支度を始める頃。
いよいよ、大工さんの仕事が仕上がり、仕上げの工程に入るそう。

バタバタの日々ですが、しばしの帰省で癒され、抱えきれないほどの活力をいただきました!


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

古民家再生プロジェクト3〜ナイアガラ薫る秋〜

古民家再生・10月上旬9月から始まった我が家の古民家再生。
着工から約2週間に1度のペースで打ち合わせに帰っています。

ある程度の変化も感じながら、
次のステージの打ち合わせができるタイミングだということで。

10月はじめの我が家は、基礎工事が終わり、
いよいよ床の土台が半分くらい出来上がってきました。

家の外では、下水工事も進行中。
打ち合わせでは、壁や、照明を決めてきました。

たまにしか帰れなくても、近所の方との「お野菜コミュニケーション」のおかげで
信州の秋を感じることができます。

ナイアガラ裏の家のおじちゃんがくれた季節のプレゼント。
家でとりたてのブドウ「ナイアガラ」です。

超完熟でびっくりするくらい濃厚な甘さでした☆
薫りの主張もすごくて、放っておけません(笑)


何より、お孫ちゃんのバケツに満タンっていうのが、いいですよね。

カスミソウとおじちゃんおじちゃんは、カスミソウの出荷に大忙し。
なのに私たちが帰ってきたのを知って、
わざわざ仕事の手を止めてくださった気持ちも嬉しかったです。

背中がかっこいいおじちゃんたちから学ぶことは多いです。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

古民家再生プロジェクト1 〜引き渡し〜

古民家再生スタート9月3日大安。

信州・茅野の我が家を、仲間にも来てもらえるような
「お野菜コミュニケーション」を体感していただける場所にすべく、
決めた古民家再生。

いよいよ引き渡しの日でした。
これから3ヶ月間。家族の想い出の詰まった古民家は、私たちの手を離れます。

まもなく7回忌を迎える祖父の命日も近い、この日。
暑すぎない曇り空が、とても過ごしやすく、じいちゃんが背中を押してくれているような気がしました。

荷物の運び出しが終わると、畳をとって床板をとって・・・あっという間。
でも、家の枠組みがなくなるわけではないので、不思議と寂しくありません。

昔の家の木
祖父が建ててくれた家、畳の下には味のある木が。
祖父が今の家を建てるときに再利用した、さらに昔の家の木だそう。

ひとつひとつが愛おしいです。広間の土台



昔の家にはないくらい基礎がしっかりしていると
建築士や大工さんが驚き、賛えてくださいました。

さすがだね、じいちゃん。


奥座敷こたつの跡

どの部屋にも、
炭こたつの跡もありました。


思い起こせば、子供ころ、炭のこたつにあたっていた記憶が蘇ります。
灰は今や、貴重だし、ジャガイモ種づくりの時にも使えるので、大切に保管しました。

何より嬉しかったことは、大工さんたちが、職人気質で仕事への想いがあることはもちろん、
人としても温かい方々だったこと。
信頼して委ねたいと思います。

色んな方に助けていただいて私の夢は形になっていきます。

つづきはまた☆


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>
●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ