2月6日、竜ヶ崎保健所大会議室にて、竜ヶ崎保健所管内栄養士会さまからご依頼をいただき、
研修会にて、竜ヶ崎保健所管内で活躍する栄養士の皆さまへ2時間半の講演をさせていただきました。
竜ヶ崎保健所管内研修会

昨年、牛久市保健所にてヘルスメイトとして活躍される方々に講演させていただいた際の
担当の方が、私をご推薦くださったことがご縁。何より幸せなことです☆
今回も会議室いっぱいに集まっていただき、大変光栄でした。

さて、今回は学校栄養職員、病院関係、保育所など、場は様々ながら
共通の悩みは、どうやったらもっと野菜を食べてもらえるか、とのことでしたので、
私の腕の見せ所、「健康のために食べる」ではなく、
「楽しくて、美味しくて食べていたら健康で幸せに」なったを実現していただけるよう
そのスイッチの入れ方を色々とお伝えさせていただきました。

講演のスペシャルゲストは、茨城県つくば市「むつみ農園」酒井成人さんのイチゴ3種。
品種・品目の個性と向き合うために、食べ比べをしていただきました。

左上の色の濃いイチゴから時計回りに
いちごの食べ比べ

A いばらキッス →茨城県オリジナルイチゴ。果肉まで赤く、適度な酸味もあり、濃厚な味わい
B 桃薫 →桃に似た芳醇な香りの果実を届けられることを願って命名。まさに「ロゼイチゴ」
C おおきみ →高品質なイチゴの中で特に大きな果実だったことに由来。ほんのり青りんごのような薫り。

上記のような詳細はお伝えせずに
「これまでにないくらい、イチゴと真剣に向き合って」とお願いしましたが、
みなさん、本当に熱心に取り組んでくださり、
10分以上、口にせずひたすら外観を観察してくださる方も!(笑)
さすが、食のプロのみなさんです☆
質問中
会場を回って、意見をシェアする時間も盛り上がりました。
(私はけっこう動き回るのが好き(笑))

でも、私のお気に入りの「桃薫」を一番好みだと選んでくれた方が見事に一人もいなかったのは
残念でした・・・やはり慣れている食味を美味しいと感じる方が多いんです。
でもでも、茨城県が誇る「いばらキッス」を初めて食べて、ファンになった方が大多数だったことが
今回の大収穫です。

そして、生まれ育った土地・茨城県でお仕事させていただく時、必ずお伝えしている
「『茨城力』を活かそう」!

私自身も野菜果物に関わるまで知らなかったのですが、
茨城県は北海道に次ぐ農畜産県で、全国一位の生産量を誇る野菜果物も多数。
東京に近い立地でありながら、ありとあらゆる野菜果物の産地でもある、恵まれた地なのです。

茨城県で活躍されている栄養士のみなさんには、ぜひそこも意識しながら
活かしていただきたいと思い、お伝えさせていただきました。

県内の大好きな生産者さんもご紹介するうち、みなさんの方から
「畑研修させていただくことはできないか?」と声をあげていただき、感動☆

「すぐ使える野菜のアイデア」数々も関心をもっていただけたようでよかったです。

最後になりますが、
衛生面にも配慮しながら、すごい手際で、食べ比べ準備をしてくださった栄養士会幹部のみなさま、
そして、前日の取材にご協力くださった「市村夢農園」市村さん、「むつみ農園」酒井さんご夫妻はじめ
係ってくださったみなさま、本当にありがとうございました。

何かひとつでも、竜ヶ崎保健所管内栄養士会のみなさまの日々のご活躍に
プラスしていただけましたら幸いです☆
いちごいっぱい!


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村