篠原久仁子 オフィシャルブログ                     野菜ジャーナリストのベジフルライフ

世界初の野菜ジャーナリストが 旬な野菜果物のこと、 生産者の想い、野菜果物にまつわる物語など、 ふとしあわせな気分になれる情報をお届けします。

市村 を含む記事

【栄養士さん向け講演】「野菜がもっと楽しくなる『野菜コミュニケーション』〜魅力の引き出し方、伝え方〜」

2月6日、竜ヶ崎保健所大会議室にて、竜ヶ崎保健所管内栄養士会さまからご依頼をいただき、
研修会にて、竜ヶ崎保健所管内で活躍する栄養士の皆さまへ2時間半の講演をさせていただきました。
竜ヶ崎保健所管内研修会

昨年、牛久市保健所にてヘルスメイトとして活躍される方々に講演させていただいた際の
担当の方が、私をご推薦くださったことがご縁。何より幸せなことです☆
今回も会議室いっぱいに集まっていただき、大変光栄でした。

さて、今回は学校栄養職員、病院関係、保育所など、場は様々ながら
共通の悩みは、どうやったらもっと野菜を食べてもらえるか、とのことでしたので、
私の腕の見せ所、「健康のために食べる」ではなく、
「楽しくて、美味しくて食べていたら健康で幸せに」なったを実現していただけるよう
そのスイッチの入れ方を色々とお伝えさせていただきました。

講演のスペシャルゲストは、茨城県つくば市「むつみ農園」酒井成人さんのイチゴ3種。
品種・品目の個性と向き合うために、食べ比べをしていただきました。

左上の色の濃いイチゴから時計回りに
いちごの食べ比べ

A いばらキッス →茨城県オリジナルイチゴ。果肉まで赤く、適度な酸味もあり、濃厚な味わい
B 桃薫 →桃に似た芳醇な香りの果実を届けられることを願って命名。まさに「ロゼイチゴ」
C おおきみ →高品質なイチゴの中で特に大きな果実だったことに由来。ほんのり青りんごのような薫り。

上記のような詳細はお伝えせずに
「これまでにないくらい、イチゴと真剣に向き合って」とお願いしましたが、
みなさん、本当に熱心に取り組んでくださり、
10分以上、口にせずひたすら外観を観察してくださる方も!(笑)
さすが、食のプロのみなさんです☆
質問中
会場を回って、意見をシェアする時間も盛り上がりました。
(私はけっこう動き回るのが好き(笑))

でも、私のお気に入りの「桃薫」を一番好みだと選んでくれた方が見事に一人もいなかったのは
残念でした・・・やはり慣れている食味を美味しいと感じる方が多いんです。
でもでも、茨城県が誇る「いばらキッス」を初めて食べて、ファンになった方が大多数だったことが
今回の大収穫です。

そして、生まれ育った土地・茨城県でお仕事させていただく時、必ずお伝えしている
「『茨城力』を活かそう」!

私自身も野菜果物に関わるまで知らなかったのですが、
茨城県は北海道に次ぐ農畜産県で、全国一位の生産量を誇る野菜果物も多数。
東京に近い立地でありながら、ありとあらゆる野菜果物の産地でもある、恵まれた地なのです。

茨城県で活躍されている栄養士のみなさんには、ぜひそこも意識しながら
活かしていただきたいと思い、お伝えさせていただきました。

県内の大好きな生産者さんもご紹介するうち、みなさんの方から
「畑研修させていただくことはできないか?」と声をあげていただき、感動☆

「すぐ使える野菜のアイデア」数々も関心をもっていただけたようでよかったです。

最後になりますが、
衛生面にも配慮しながら、すごい手際で、食べ比べ準備をしてくださった栄養士会幹部のみなさま、
そして、前日の取材にご協力くださった「市村夢農園」市村さん、「むつみ農園」酒井さんご夫妻はじめ
係ってくださったみなさま、本当にありがとうございました。

何かひとつでも、竜ヶ崎保健所管内栄養士会のみなさまの日々のご活躍に
プラスしていただけましたら幸いです☆
いちごいっぱい!


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

大評判!市村夢農園の「雪味甘ちゃん」

雪味甘ちゃん2013まだ名もなき頃から市村さんが惚れ込んで栽培している
ホワイトスイートコーン「雪味甘ちゃん」。
(市村さんは「雪味甘」と呼んでいらっしゃいます。)

採れ始めたから当日便で送るね!と連絡いただき、感激!
ありがたく、いただきました。

皮をむいた瞬間、弾けんばかりのプチプチ感に圧倒されて、
思わず、ガブリ、止まらずガブリがぶりと1本
あっという間に生のまま完食(笑)

矛盾している表現かもしれませんが、すっきりストレートな甘みながら後味はクリーミー☆

とどまるところを知らない「野菜の甘さ」追及について、あまり歓迎できない派なのですが、
このホワイトスイートコーンは、いいじゃない!と思うのです(笑)
(市村夢農園の育て方による味わいのよさも大きいと思いますがね。)

雪味甘ちゃん2013ヨリ大人気のため、今年も予約販売のみで既に完売。
来年をまた楽しみに待ちたいと思います。

おすそ分けさせていただいた、行きつけのお店の店主も
感動をブログに書いてくださいました☆ 

好みの合う日本酒仲間は
「アイスクリーム(ソフトクリーム)のような甘さ」!と表現!
私には浮かばなかった自由な表現はさすが!たしかに、納得。

感動の輪が広がって私も嬉しいです☆

市村さん、ごちそうさまでした!
一緒に食べてくれてありがとうございました!やっぱ誰かと食べると美味しさ倍増ですね☆


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

3月11日の場所へ

多くの方の未来が失われた東日本大震災から1年。
それぞれが言葉にならない思いを胸に過ごしたのではないかと思います。

食を通して ふと幸せになれたり、家族や故郷を思い出したり、
そんなきっかけを紡いでいけたらと願って活動している私は、
地震の瞬間、自分がいた場所で 大切な人たちと過ごしました。

茨城県つくば市にある一軒家フレンチ「ミルフルール」。
昨年の今日、仲良くしていただいている生産者・市村さんが野菜を納品する際にお供し、
ちょうど厨房でシェフと野菜談義をしていた時に地震に遭いました。

寸胴やオーブンが倒れたり、厨房、店内がぐちゃぐちゃになった状況を見たまま、
私たちはそれぞれの家族の安否を確かめるために家路についたので、
ずっとずっと 記憶の中でそのままになっていた「ミルフルール」のことが気になっていました。

本当に悲しい思いをされた方が数え切れないほどいらした中で、
すぐに家族と再会できたことに感謝した あの日の気持ちを忘れないためにも、
母、そして、幼なじみの家族と「ミルフルール」へ。

壁には 無数のヒビを直した傷跡が残っていましたが、
休日ということもあって、料理を囲むお客さんの笑顔で溢れていました。

3月11日の場所「ミルフルール」にて。私の大切に思う人と おいしいごはんに幸せを感じられて、
作ってくださったシェフがいて、生産者さんのことを思って・・・

福島出身の小松シェフも喜んでくださって嬉しかった。


何があるかわからない日々だからこそ 小さな身近なひとつひとつを感じて感謝。
自分にできることを重ねていきたいと改めて思いました。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

ホワイトとうもろこしの新品種「雪味甘ちゃん」

7月7日、つくば市での「にんにく祭り」の帰り、(こちらについては別記事で改めて。)
たまたま JA桜直売所の横を通ったので、立ち寄ると、出荷に来ていた市村さんとばったり!
(市村さんは 仲良くしていただいている生産者さんで、あの地震の瞬間も一緒にいたのでした。)

「くにちゃん、さすが鼻が利くわね、ちょうど今日があの「雪味甘ちゃん」初出荷だったのよ!」というわけで
急きょ、すぐ近くの とうもろこし畑へ おじゃましてきました。

「雪味甘」は 武蔵野種苗のホワイトトウモロコシで、今年に入り、名前がついたばかりの新品種。
初物「雪味甘」
市村さんは 昨年から試作を始め、
今日、初めて出荷の時を迎えたのです。

実は、先月、イベントで (→右の写真はその時のもの。)
はしりのものは食べさせていただいていたのですが、
最盛期に出くわせるとは、やはり、私には 食いしん坊の神様がついているようです(笑)

「雪味甘」おひろめ☆さっそく、恒例の畑で試食。
まさに宝石のような 白い輝きです。

まず プチっ!パリッ!と弾ける食感にびっくり。
パンパンに育った粒から 甘さが 飛び出してきます。
皮が薄いので、ガブリといって 口で受け止めるのがマルです。

甘さは 果物のような きゅっとなる甘さでもなく、
野菜らしい甘酸っぱさでもなく、独特。
市村さんは 「和菓子の甘さとケーキの甘さの違いみたいなもの」と
おっしゃっていましたが、まさに!「雪味甘」糖度

「雪味甘ちゃん」の甘さは まるで 和三盆のよう! 
後味さわやかで クセのない甘さなんです。

ちなみに 糖度は おどろきの 約19度!!!
(多糖類なので、ぱきっとは糖度が測れません。
ちなみに持っていた梅ジュースの糖度は7度でした。)

ピュアホワイトは 生ならではの青い風味がしたのですが、
「雪味甘ちゃん」は これって 生で食べるものですよね?
と言いたくなる完璧さ。

市村さんのとうもろこしは、予約完売の人気ものなのですが、
畑に伺った特権で何本か おすそわけいただいたので、お家では加熱していただきました。
(すでに、「雪味甘ちゃん」も予約分で完売。)

食べ比べのために あえて 電子レンジ蒸しと 熱湯からのさっと茹でに。
茹で加減は お好みですが、特徴であるパリっと感を生かしたかったので、定番の水からではなく、
沸騰したお湯で さっと茹で。(水から茹でだと、もっちり感が加わります。)
やっぱり 「雪味甘ちゃん」のはじける食感が生きるのは さっと茹ででした。

当日、初めて食べた八百屋さんや、レストランのシェフもすでに虜だそうで、
「市村さん、もう全部、『雪味甘ちゃん』にしてください!」との声が出たほど。

幻のトウモロコシと言われたピュアホワイトのように 美食家をうならす人気者になりそうな予感です。

いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村>

被災地の生産者さん

地震の瞬間、つくば市の農家、市村さんと一緒でした。
畑へおじゃまして、野菜納品についていき、ちょうどレストランでシェフとお話していた時でした。

御自宅やトマトハウスが大変な中、市村さんが 送ってくださり、帰宅できました。
あわせて、収穫したての野菜をおわけいただき、
被災後にも係らず、新鮮な野菜に恵まれた時間を過ごすことができました。
感謝してもしきれません。

津波の被害にあわれた地域の映像の中には 野菜ハウスが一瞬にしてのみ込まれる映像もあり、
胸がしめつけられる想いでした。
茨城県のつくば市界隈では 揺れのみだったため、野菜たちに大規模な被害はなかったようです。

被災からまだ2日の今朝は、
毎週日曜に、車で野菜を売りに来て下さる生産者の方が、
いつものように トランクいっぱいに野菜を積んで来て下さいました。
自分たちも被災している中、貴重なガソリンも費やして、野菜を届けてくださった想い、感動しました。

市村さんも 営業されたJA桜の直売所に 野菜を出荷されたそうです。
被災地の生産者のみなさんは、生鮮品が尽きないよう、食で私たちを支えてくださっています。
つらいときにこそ 力強い食べ物は ありがたいです。
本当にありがとうございます。


いつも読んでいただき ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので
クリックで応援お願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

●お仕事のご依頼・ご相談は
kuniko522@gmail.com
までお願いいたします

●野菜ジャーナリストの
 プロフィール・実績は 
  こちら


伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳
クチコミを見る
 


●はじめましての方は是非
 以下の記事を検索ください

○「はじめまして
 野菜ジャーナリストです」
○「なぜ
 野菜ジャーナリストなのか?」
○「なぜ
 お野菜コミュニケーションなのか?」
ギャラリー
  • 公式サイトに移転しました!
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 【TV出演のお知らせ】NHK総合「うまいッ!」
  • 1月吉日!公式HP開設します!
  • 柚子×すだち=期待の新柑橘「阿波すず香」
  • 【コラム】未来に伝えたい美味しい絶景!天然の和菓子 「紅干し柿」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ